スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(第一回)島四国八十八ヵ所巡礼3(2013・冬)~香川県・小豆島~

2013ポタリングシリーズ・ファーストステージ1
島四国八十八ヵ所巡礼3(2013・冬)~香川県・小豆島~
「第一回 滝ノ宮堂・大聖寺」


 今年最初のポタリングレポートは、昨年から行っている小豆島八十八ヵ所霊場を訪ねる旅の第三弾です。

 岡山から小豆島へのアクセスは、いつもどおり「新岡山港」からフェリーで輪行です。

P1121474.jpg


 岡山を出港して約1時間10分すると、小豆島土庄港に到着します。
今回のポタリングは、ここ土庄港からのスタートとなります。

 まず、目指すは第71番札所「滝ノ宮堂」です。

P1121478.jpg


 港を出て市街地を抜けると、まもなく海岸線に出ます。
ここから当分は海沿いを走ることに・・。

P1121484.jpg

 しばらく走っていると、漁港が見えてきました。小さな港には小型の漁船が所狭しと並んでいます。
このようなごちゃごちゃとした漁港の風景が私はし 好きです。

P1121491.jpg


 活気のある港を過ぎると、まもなくこのような光景が目に飛び込んできました。そうめんの天日干しです。
小豆島は言わずと知れた「そうめん」の産地で、日本三大そうめんのひとつに数えられています。
とくに冬場に作られたそうめんはおいしいのだそうです。

P1121501.jpg


 さて、午前中は曇り空であった小豆島も、昼過ぎ辺りから天気が良くなってきました。
すると海が美しく見え、海岸線を走るのがとても気持ちいい・・。

 しかし、これが命とりに!!
いつまで走っても目指す札所の案内板が見えてきません・・。これは、どうやら道を間違えたようです。
そこで来た道をとって返して、本来行くべき道への分岐点へと戻ります。この時点で、当初の予定から30分遅れ・・。
 まぁ、嘆いてばかりいても仕方がないので、再び前進です!!

P1121524.jpg


 分岐点からは、海岸線と別れて島の内陸部に入っていきます。そしてまもなく、道は登り基調となってきました。
どうやら峠道のようです・・。

P1121534.jpg


 かなりの角度がある峠道をどれくらい登ってきたでしょうか?
あたりがずいぶんと山間となってきて、「また道を間違ったのか?」と少し不安になっていた頃でした。
目の前にこのような石の道しるべが!
どうやら今回は間違っていなかったようです。

P1121526.jpg


 峠を登り切ったところで、集落が見えてきました。
どうやら集落の中に目指す札所があるようです。

 そして、ようやく辿り着いたのが「第71番札所 滝ノ宮堂」です。
 今回で三回目となる小豆島巡礼、いままで回った札所は比較的市街地付近にあり、迷うことはなかったのですが、今回はずいぶんと苦労したので感慨もひとしおです。

(滝ノ宮堂 本尊:薬師如来)
P1121528.jpg


 小豆島でも、かなりの高所にある「滝ノ宮堂」、冬場の朝夕はずいぶんと冷え込むようです。

 峠の頂上付近にあり、このような立派な梵鐘をもつ「第71番札所 滝ノ宮堂」は、なんちゃってサイクリストにとって最大の難所でもありました・・。

P1121531.jpg


 こちらが「滝ノ宮堂」のご朱印です。

P1151663.jpg


 「滝ノ宮堂」を出て、つぎの札所に向かいます。ここからはしばし得意のダウンヒル!!
今までの借りを返すがごとく距離を稼ぎます。

 すると、山の上に大きな観音像が見えてきました。
「小豆島大観音」の姿です。
しかし、ここは札所ではありません。
地図によると、この近くに目指すお寺があるようなのですが・・。

P1121538.jpg


 そして、見えてきたのが「第75番札所 大聖寺」です。
この立派な入り口から中にはいると・・

(大聖寺 本尊:大聖不動明王)
P1121551.jpg


 きれいに整えられた境内があります。

P1121549.jpg


 このあたりでは、比較的大きな寺院である「大聖寺」には「本堂」、「祖師殿」、「大悲堂」と3つのお堂が並んで建っています。

(本堂)
P1121543.jpg


 こちらは「祖師殿」。本堂の向かって左隣に建っているお堂です。

(祖師殿)
P1121546.jpg


 こちらの「大悲堂」は小さいながらも美しい形で品があるお堂です。

 ここ「大聖寺」も割と高台に位置しており、境内からは冬の瀬戸内を一面に望むことができました。

(大悲堂)
P1121547.jpg


 こちらが「大聖寺」のご朱印です。

P1151664.jpg


さて、この後は次の札所に向かいたいと思いますが、続きは次回ということに・・。

このたびの続きはこちら → 第二回 小豆島巡礼3
いままでの旅のリンク集はこちら → ポタ麿旅のトビラ

---------------------------------------------------
(参考文献)

 「小豆島八十八ヵ所ガイド」 横山拓也著 朱鷺書房

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- せんべいまゆ - 2013年01月16日 21:01:51

岡山に来た頃から、小豆島へはずっと行きたいと思いながら行けていんです。
ますます行きたくなります。
今年中にはなんとかしたいです(^u^)


Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2013年01月16日 23:54:33

せんべいまゆさん、こんばんは。

私も小豆島には一昨年はじめて行きました。
その時に島の八十八カ所霊場を知って、自転車でまわってみたいと思ったのです。

それから巡礼シリーズで3回訪問しました。
小豆島は人も風土も素晴らしいところですので、ぜひ行ってみてください!

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。