スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の国からこんにちは」万博公園への旅~大阪府・吹田市~

2012ポタリングシリーズ・ファイナルステージ5
「世界の国からこんにちは」万博公園への旅 ~大阪府・吹田市~

「第一回 北大阪サイクルライン」


 今回は3連休ということもあり、年末特別編として新幹線輪行を行いました。

PC231070.jpg


 そして到着したのは「大阪」。今回は西日本を代表する大都市でポタを敢行します。

PC231071.jpg


 出発地点は「堂島川」と「土佐堀川」に挟まれた中之島の中央付近にある「大阪市役所」。
さすがに大都市・大阪の庁舎だけに大きな建物です。


 今回、自転車で大阪初上陸を果たした私ではありますが、新幹線で降り立った「新大阪駅」から「大阪市役所」まで来るだけでもずいぶん道に迷いそうになりました。こんなことで今日一日、本当に大丈夫か?
一抹の不安を抱えながらのスタートです・・。

PC231086.jpg


 大阪市役所の近くには趣のある洋風建築をいくつか見ることができます。
こちらは御堂筋を挟んで真向かいにある「日銀大阪支店」。

PC231088.jpg


 市役所の隣にある「大阪市立中之島図書館」もいい雰囲気です。

PC231097.jpg


 やっぱりこの辺りで一番目立つのは「大阪市中央公会堂」でしょうかね。
赤レンガと青銅のドーム屋根が美しい建物は、大正7年(1918年)に建てられたそうです。

PC231104.jpg


 大阪市役所を起点として、そばを流れる「堂島川」に沿った形で自転車道「北大阪サイクルライン」が延びています。
今回はこの「北大阪サイクルライン」を走って終点の「万博公園」まで行ってみたいと思います。

PC231090.jpg


 出発するとすぐ「堂島川」にかかる雰囲気のある石橋を見ることができます。
いずれにしても、この界隈は歴史的な建築物が目白押しです。

PC231094.jpg


 やがてこのような「らせん通路」にさしかかりました。どうやらここが中之島東端のようです。
ここを上がって先に進むことになるのですが、このようなパターンは今までポタリングで味わったことがないので楽しい感じ!!
 しかし、このあと連続する同じような立体交差に悩まされることになるのですが・・。
この時点では思いもよらなかったことです。

PC231106.jpg


 らせん通路を登ると天神橋の上に出ました。そして橋を北の方に渡ります。

PC231108.jpg


 中之島で「堂島川」と「土佐堀川」に分流していた川は、ここで一本の「大川」となります。ここから先はこの「大川」を右手に見ながら南天満公園の自転車道を行くことに。
 都会のど真ん中でありながら、静かな公園内を走るコースはポタリングにもってこい!!

PC231109.jpg


 途中、「天満橋」の下をくぐります。このあとも川沿いを走ることがつづくコース上には同じような場面がたくさんあります。

PC231114.jpg


 そして、頭上に美しい斜張橋「川崎橋」が見えてきました。
 そばを流れる「大川」は旧淀川ともいわれ、現在の淀川放水路(新淀川)ができるまでは、こちらが淀川の本流でした。
江戸時代、天下の台所として知られた大坂を支えた「大川(旧淀川)」が流れるこの辺りには多くの船が集い、とても賑わう場所だったそうです。
 それでは、深い歴史に彩られた川に架かる橋を渡って対岸へゆきましょう。

PC231124.jpg


 橋上は人と自転車のみが通れるようです。むこうには「大坂城」の姿も見られます。

PC231123.jpg


 対岸に渡ると、今度は桜之宮公園の遊歩道を北向きに走ります。
ここは先ほどの南天満公園遊歩道よりも広く、たくさんの人がジョギングを楽しんでいます。

PC231126.jpg


 水の都というだけあって大阪の街には、ふんだんに水をたたえた川がたくさんあります。
したがって必然的に橋が多くなるのですが、中にはこのようなユニークな形のものが見られ街の魅力アップにも一役かっているようです。

PC231133.jpg


 さて、自転車道は「毛馬水門」にさしかかってきました。ここで「大川」は本流の「淀川」に接続します。

PC231135.jpg


 合流地点「毛馬水門」のすぐほとりには「与謝蕪村生誕地の碑」があります。
ここではシニアのサイクリストが休憩を取っていましたが、これまたずいぶんとお疲れのようです・・。


 今回の「北大阪サイクルライン」、沿道を取り巻く環境から、全体をざっと3つの区間に分けることができます。その区分からすると「市役所」からここ「毛馬水門」までは前半の第1区間となります。
 さして意味はないのですが、あえてこの区間に名前を付けるとしたら、「都会のオアシス・親水公園サイクリングロード」とでも言えるのでしょうか・・。

PC231140.jpg


 さて、「毛馬水門」をすぎると今度は「淀川」沿いを走ります。
さすがに有名な「淀川」は大きな川で、河川敷はスポーツのできる公園としてきれいに整備されています。

PC231138.jpg


 川沿いのコースは平坦で舗装されているため、多くのローディーがサイクリングを楽しんでいます。
ただ所々に設置されているこのトラップを侮ってはなりません!!
知恵の輪のようなそのつくりは、多くのサイクリストの足下に襲いかかります・・。

PC231143.jpg


 さて、ここ淀川でも印象的な橋をたくさん見ることができました。しかも川幅が広いので長さが長いこと!!

(アーチが連なる水道橋)
PC231141.jpg


 2連の斜張橋もありました。

PC231145.jpg


 こちらは高圧電流の鉄塔ですが、コンクリートの土台の上に立っています。
あまり私の地元・中国地方ではみられない形態なので写真に収めておきます。

PC231148.jpg


 淀川沿いの道は見通しが良すぎて遠くまで見渡せるため、漕いでも漕いでもなかなか前に進まないように感じます。
なんとも精神的にしんどい思いをしましたが、ようやく「鳥飼橋」までやってきました。
 今度は、この橋をむこうに渡ることとします。


 さて、「毛馬水門」から「鳥飼橋」までは、いわば中盤の第2区間と呼べるもので、またしてもあえて名付けるとしたら「大河川・淀川沿いサイクリングロード」ということになるでしょう。

PC231150.jpg


 「鳥飼橋」の上にあがりました。
ここでは右に「大阪モノレール」左は「中央環状線」と「近畿自動車道」にサンドイッチされた形になります。

PC231156.jpg


 橋を渡った後は、ひたすら北へと走ります。

PC231157.jpg


 途中、摂津市に入りますが、そこには新幹線の基地があり、多くの車両を間近でみることができます。

PC231161.jpg


 その後、モノレールを追って、さらに北へ・・。

PC231164.jpg


 そして、ようやく「万博公園」に辿り着きました。

(大阪モノレール「万博記念公園駅」)
PC231183.jpg


 さて、「鳥飼橋」から「万博公園」までが終盤の第三区間となるのですが、なんといっても今回の旅の中ではこの区間が最も過酷でした。
前の区間においても橋を渡ることが多く高低差に苦しめられましたが、この区間に入るとそれに加えてこのような立体交差(歩道橋など)が登場します。しかも連続して・・。
そのたびに自転車を押して登っていかないといけないので、必要以上に体力を消耗してしまうのです。
 また、交通量の多い中央環状線沿いを走るため空気もよくないです。
これはまさしく、大都市圏におけるポタリングの洗礼を受けたと言っていいでしょう・・。

PC231382.jpg


 ということで、この区間を「戦慄!!中央環状線沿いサイクリングロード」と名付けます。


 さあ、これから「万博公園」を散策してみようと思いますが、この続きは次回ということにいたしましょう。(つづく)


☆この旅の続きはこちら → (第二回)万博公園への旅
いままでの旅のリンク集はこちら → ポタ麿旅のトビラ

---------------------------------------------------
(参考文献)

 現地案内板
 大阪市中央公会堂ホームページ 
 ウィキペディア(Wikipedia)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- すずた - 2012年12月25日 22:18:00

こんばんは。

はるか昔、子供の頃大阪万博に行きました。
なつかしいです。

さすがに水の都、斜張橋の2連なんてすごいですねえ。
コンクリート土台の鉄塔も初めて見ました。

「トラップ」は公園入口でよく見かけますが、自転車道にたくさんあると大変ですねえ…

Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2012年12月25日 22:44:21

すずたさん、こんばんは。
大阪の橋は見るだけでもけっこう楽しめました!
ただ、地理に明るくないのであまり周りを見る余裕がなかったことが悔やまれます・・。

自転車道のトラップ・・、私を含め多くのサイクリストが転びそうになってました・・。
鬼のような設備でした・・。

- せんべいまゆ - 2012年12月26日 05:07:40

阪神間で生まれ育って大阪にも務めていましたが自転車で大阪を走ったことがなかったのでなんだか新鮮ですねー(^^)

Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2012年12月26日 20:54:26

大阪のような大都市で自転車に乗ったことがなかったので、戸惑うことばかりの1日でした。

でも、いい刺激を得られる自転車旅だったように思います。

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。