スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍野の旅(3)「龍野城」

2012ポタリングシリーズ・ファイナルステージ2
播磨(はりま)の小京都で紅葉を()でる ~兵庫県・たつの市~

「第三回 龍野城」



(あらすじ)

 今回は紅葉真っ盛りの「播磨の小京都・龍野」に訪れています。そして現地では自転車から降り、町ブラをすることに・・。
 ここまでは「童謡・赤とんぼ」にちなんだ碑がある「龍野公園」から紅葉スポットでもある「聚遠亭(しゅうえんてい)」を経て山間にある野見宿禰(のみのすくね)神社を見て回りました。
そして今回は、近世龍野の中心であった場所に行ってみたいと思います。


この旅を最初から表示する場合 → 第一回 播磨の小京都で紅葉を愛でる  



1.紅葉谷

 野見宿禰神社から山道を通り紅葉谷とよばれる場所にやってきました。ここは、町なかから少し山間に入ったところにあるのですが、さすがに紅葉時期とあって多くの人が歩いています。

PB240213.jpg


 散策路沿いには、このような「あずまや」が建っています。暖かい時期には、お弁当を広げるのに最適な場所でしょう。

PB240216.jpg


 山道に敷かれた石畳を下り、紅葉谷の入り口に出てきました。本来はこちらから山に分け入っていくのでしょうが、私の場合は山間の野見宿禰神社から山を下るかたちで紅葉谷に訪れたので、ここから出ることに・・。

PB240379.jpg


 それでは紅葉谷をはなれて、今度は藩政時代の政庁でもあった「龍野城」へ行ってみましょう。道中には、このような小さな石橋が見られます。

PB240220.jpg


5.龍野城

 紅葉谷をあとにして数分歩くと、白い櫓が見えてきました。龍野城のシンボルのひとつでもある「隅櫓(すみやぐら)」です。
隅櫓のある光景は、周りの石垣や白い塀、それから敷地に植えられている樹木とあいまって、とても美しい景観を見せています。
 それでは隅櫓の脇に見えている階段を登って、城内に入っていきましょう。

PB240314.jpg


 階段を登りきると、門が見えてきました。この門をくぐると本丸の敷地であるようです。

鍜坂門(しころざかもん)
PB240225.jpg


 場内敷地の中心には、本丸御殿が建っています。この建物は昭和50年に再建されたものですが、再建するにあたっては、かつての資料などに基づき忠実に再現したそうです。

PB240229.jpg


 上の写真の向こう側では美しい紅葉をみることができました。
この本丸御殿は中に入ることができるようなので、さっそく見学をしてみることに・・。

PB240264.jpg


 それでは御殿内を見て回りながら、少し龍野城の歴史に思いを馳せてみましょう。(御殿内撮影は事前に許可を得ています。)

(本丸御殿・洋室)
PB240242.jpg


 龍野城の歴史は室町時代に播磨一帯を収めていた「赤松氏」によって山城が築かれたことにはじまります。

(本丸御殿・上段の間)
PB240247.jpg


 その後、戦国期になり織田信長の播州征伐に遭い赤松氏の手を離れると、当分の間城主が次々と変わります。

(本丸御殿・奥の和室)
PB240250.jpg


 しかし、寛文12年(1672年)、江戸幕府の幕命によって「脇坂安政」が入封してからは、明治維新をむかえるまで200年間を「脇坂氏」が城主を務めました。

(本丸御殿・中庭)
PB240245.jpg


 脇坂氏の初代は、豊臣政権下で賤ヶ岳(しずがたけ)七本槍の一人として武勇を知られた「脇坂安治」で、龍野に入封した「安政」はその3代目にあたります。

(本丸御殿・茶室)
PB240255.jpg


 その後、脇坂氏は江戸幕府において老中や京都所司代の要職を任せられる人材を輩出するなど、外様でありながら重きをなしたようです。

(本丸御殿からみる紅葉)
PB240257.jpg


 本丸敷地内には「たつの市立 龍野歴史文化資料館」があります。
ここでは、古代から近世に至るまでの龍野の歴史に触れることができます。
 城下町として名高い「龍野」ですが、周辺には古墳などの古代遺跡も見られるのです。

PB240283.jpg


 それでは、最後に本丸の表門である「埋門」を通って城外に出ましょう。

PB240263.jpg


 石垣と櫓で囲われた「埋門」には圧倒的な存在感があります。

PB240279.jpg


 紅葉谷と同様に、ここもまた、この埋門から入る方が雰囲気的によかったのかも知れません・・。

PB240281.jpg


 次回は龍野の町なかをウロチョロしたいと思います。


この旅の続きはこちら → 第四回 播磨の小京都で紅葉を愛でる
この旅を最初から表示する場合 → 第一回 播磨の小京都で紅葉を愛でる  
いままでの旅のリンク集はこちら → ポタ麿旅のトビラ

---------------------------------------------------
(参考文献)

  現地案内板
  たつの市ホームページ・観光パンフレット 
  たつの市観光協会ホームページ・観光パンフレット 
  龍野城パンフレット
  たつの市立 龍野歴史文化資料館パンフレット
  ウィキペディア(Wikipedia)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- せんべいまゆ - 2012年11月29日 14:45:38

龍野城は私も一回だけ行ったことあります。
平日に行ったので貸切状態でのんびりと見学できました。
季節が変わるとまた違う雰囲気になりますね。

Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2012年11月29日 19:12:58

せんべいまゆさん、こんばんは。

たしかに観光地は訪れる時期によって表情が違いますね。

今回は紅葉がもっともきれいな時だったので、いい雰囲気でした。

また、それほど寒くなかったのも良かったです!!

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。