スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇野港の旅(4)「ふたたび宇野港へ」

県内有数の港町でノスタルジーに浸る ~岡山県・玉野市(宇野港)~
「第四回 ふたたび宇野港へ」


 今回は、かねてより訪れてみたかった県南の玉野市宇野港へ来ています。
そして今日はそのレポートの最終回です。

この旅をはじめから表示する場合はこちら → 第一回 宇野港周辺



 さて、宇野港へふたたび帰ってきました。
港に面する大通りには、趣のある洋館が建っています。

Gj069w7ek1K9qKW1352893726_1352893935.jpg


 ずいぶんと陽が落ちてきたので、そろそろ帰り支度をしないといけませんが、最後に港の周辺を散策してみたいと思います。

 そしてまず立ち寄ったのがここ。
 手前は78年間の歴史を刻んだ「宇高連絡船の記念碑」。そして向こうに見えるのが宇野港開港に尽力した第8代岡山県知事「檜垣直右(ひがきなおすけ)氏」の銅像です。

PB033146.jpg


 宇野港周辺で最も見たかったものがこれ、「宇高連絡船用岸壁の遺構」です。

 宇高連絡船は本州の宇野駅と四国の高松駅を結ぶ国営の鉄道連絡船で、明治43年(1910)から瀬戸大橋が開通した昭和63年(1988)までの78年間運行されていました。

PB033156.jpg


 連絡船の任務は「本州・四国間の人と貨物を定時確保で輸送する事」であったようで、船には乗り継ぎ客のみならず、鉄道車両も乗船していたとか・・。
 なお、当時は陸上の鉄道ダイヤにまで組み込まれていたそうです。

PB033152.jpg


 現在、宇高連絡船を(しの)ぶ遺構は本州と四国をあわせても、この岸壁遺構ただひとつです。
遠くから眺めると、陸上に遺構がポツンと置かれています。なんとなく寂しくも感じますが、ここだけが現在の時流から取り残された場所のように見え、哀愁を誘います。

PB033164.jpg


 港の周辺で「跳ね橋」を見つけました。
「跳ね橋」とは、下を船が航行するときに橋桁が上がる橋のことですが、

PB033189.jpg


 跳ね上がる際には、この遮断機が下りる仕掛けになっているようでした。

PB033190.jpg


 跳ね橋の向こうは工場地のようになっており、水路が築かれています。

PB033195.jpg


 そして、最後に現在の岸壁のほうに行ってみることにしました。
すると暮れなずむ宇野の港に、高松からフェリーが入港してきました。

PB033169.jpg


 本州四国の玄関口として、かつては宇高連絡船をはじめ多くの船で賑わった宇野港。
しかし現在、宇高航路をつなぐのは四国フェリー1社になってしまいました。
夕暮れ時に波静かな港に立つと、この現状を認識せずにはおれません。
 現在は瀬戸大橋不通時の代替交通機関として、その必要性が叫ばれているフェリーですが、それだけではなく旅情を誘う観光資源として、いつまでもその火を消さないでほしいと願うところです。(おわり)

PB033182.jpg

いままでの旅のリンク集はこちら → ポタ麿旅のトビラ


☆今回のポタリングデータ

  日付:2012年11月3日
  距離:63.54km
  最高速度:33.7km/h
  平均速度:15.9km/h
  経過時間:3時間59分02秒
  消費カロリー:693kcal



---------------------------------------------------
(参考文献)

  現地案内板
  (社)玉野市観光協会ホームページ
  ウィキペディア(Wikipedia)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- せんべいまゆ - 2012年11月15日 23:44:20

こうやって紹介してもらうと、たくさんいい所がありますね。
高松へは今でもよく行きますが宇野へは最近めっきり行かなくなりました(^^;

Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2012年11月17日 01:14:13

せんべいまゆさん、こんばんは。

もともと宇野の街の雰囲気は好きだったんですが、ゆっくり見て回ると

味のある場所が多かったです。

やっぱり瀬戸大橋が便利ですから、宇野経由で高松に行く機会は減りま

すよね。

- すずた - 2012年11月20日 20:58:45

こんばんは。

宇野といえば四国への玄関口だったのに、瀬戸大橋ができてすっかり児島にその地位を奪われてしまった…
と思っていたら、本四連絡橋が3つできて、児島も以前のように観光客は来なくなっているようです。

確かに、三橋は多いのかな…

Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2012年11月21日 23:11:36

すずたさん、こんばんは。

そうですね、三橋はやっぱり無理があるでしょうね。

半世紀ぐらい前の政治的な決断によるものなのでしょうが・・。

今はまだいいですが、経年劣化で建て替えが必要になった時はどうするんでしょうか?

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。