スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇野港の旅(2)「造船の街」

県内有数の港町でノスタルジーに浸る ~岡山県・玉野市(宇野港)~

「第二回 造船の街」


(前回までのあらすじ)

岡山県南に広がる港町・玉野市宇野港に訪れた私は、まず港周辺に広がるレトロな街並みを探訪した。
そしてその後、かつて玉野市街地を走っていたという鉄道「玉野市電」の廃線跡を利用したサイクリングロードに乗り、沿線をブラブラ観てまわることとしたのだが・・。


PB032977.jpg


 今回は、そのサイクリングロード沿線巡りの続きからスタートです。

この旅をはじめから表示する場合はこちら → 第一回 宇野港周辺

PB033000.jpg


1.ののちゃんち

 玉野市役所のあたりでサイクリングロードに入り一路東へ、まずは宇野駅方面へむけて自転車を進めます。
そして降り立ったのが「いしいひさいち展覧会 ののちゃんち」。
 ここは、玉野市出身の漫画家「いしいひさいち氏」の作品に関する資料が見られる展示館です。
しかも入場料は無料!!ということで、中に入ってみることに・・。展示室はこの建物の2階にあるみたいです。

 入り口は、なぜかシャッターが少し降りているという状態ですが、ここから入っていきましょう・・。

PB033005.jpg


 建物の中に入ると、このような階段が上階につながっています・・。

PB033020.jpg


 そして2階に辿り着くと、「山田」と書かかれた表札が掛かる入り口が・・。

PB033018.jpg


 そこから中に入ってみると、「いしいひさいち氏」の漫画キャラクターがお出迎え!!(事前に館内撮影の許可をいただいています。)

PB033009.jpg


 館内には「いしいひさいち氏」の作品がたくさん展示されています。
 同氏の代表作には、現在、朝日新聞で連載中の「ののちゃん」(旧作品名「となりのやまだ君」)があります。それに加えて、我々の世代では「おじゃまんが山田くん」や「がんばれ!!タブチくん!!」あたりが印象深い作品でしょうか。

PB033012.jpg


 また、館内では同氏が描くキャラクターなどの微笑ましいグッズも販売されています。

PB033016.jpg


 「おじゃまんが・・・」などで描かれている「下町の雰囲気」は、同氏が幼少期を過ごした情緒の残るこの町で醸成されたものなのかも知れません。
 ちなみに「ののちゃん」が住む町のモデルは、ここ玉野市なのだそうです。


 さて、ののちゃんちの近くで老舗っぽい「大判焼き」の店を見つけました。街全体を覆うレトロな下町風景によくマッチした店構えです。

PB033023.jpg


 ところで、この辺りでは「大判焼き」と表現されるこれですが、どうも各地で呼ばれ方がまちまちのようです。他には「今川焼き」などの名称があるようです。ちなみに広島出身の私は幼い頃から「二重焼き」と聞かされてきました。地元では当たり前に「二重焼き」と呼ばれるのですが、全国的には少数派のようです。

大判焼き


 宇野駅あたりで少しサイクリングロードから離れてしまいましたので、再び自転車道の方に戻りましょう。

 かつての玉野市電は、宇野駅と造船工場がある「(たま)」と呼ばれる地区を結んでいました。そして、その廃船跡を利用した現在の自転車道も宇野駅から玉地区まで続いています。
 それでは、今度は反対方向となる西の「玉」方面へ行ってみようと思います。

 再び自転車道に入り西に向かって走っていると、先ほどとは別のトンネルが見えてきました。これもまた「玉野市電」の遺構です。
 サイクリングロードには、このトンネルを含めて全部で3ヶ所のトンネルがあります。

PB033025.jpg


 港町である玉野市街地ではありますが、トンネル付近では、いったん内陸部を通過する形になります。
そしてトンネルを過ぎ少し走っていると、再び海岸線に近づいてきたようです。目線の先には造船所の巨大なクレーンが見えはじめました。

PB033026.jpg


2.玉地区

 そして到着したのは玉地区とよばれる造船の街。
 ここには玉野市の基幹産業である「三井造船」が工場を構えており、駅や港がある宇野地区とならぶ玉野市街地の拠点地域となっているようです。
 写真は玉地区の中心交差点、向こうには造船所の巨大なドックと玉野三井病院が並んで立地しています。

PB033032.jpg


 交差点のすぐ近く、ここにレトロなアーケード街を観ることができました。とても昭和的な雰囲気です・・。

PB033036.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3.玉比咩(たまひめ)神社

 造船の街「玉地区」ですが、ここではもう1ヶ所の見どころがあります。それがこの「玉比咩神社」。

PB033044.jpg


 玉比咩神社は、古来より海上の守護神・安産の神として崇められる「豊玉姫命(とよたまひめのみこと)」をお祀りしています。そしてこの「豊玉姫命」こそ、竜宮城の乙姫様として知られる神様なのです。

PB033043.jpg


 「海上の守護神をお祀りしているとは、さすがに港町だなぁ」と、そのようなことを考えながら参道を歩いていくと、見えてきたのは神社の拝殿。

PB033045.jpg


 きれいに整えられた敷地内には、他にもいくつかの摂社(せっしゃ)末社(まっしゃ)が見られます。

PB033048.jpg


 さて、敷地内の一角にこのような鳥居がありました。この向こうには、どうやら奥宮があるようです。
とても気になるので行ってみたいと思います。

PB033050.jpg


 奥宮へは例によって山道をいく必要があるようです。上までは、このような階段参道をゆっくり登っていきます。

PB033051.jpg


 山道を歩くこと5分弱でしょうか、奥宮の鳥居が見えてきました。
向こうにはお稲荷様を祀っているであろう朱色の社が見え隠れしています。

PB033053.jpg


 そしてこれが「臥龍稲荷(がりゅういなり)神社奥宮」です。
山の岩肌に張りついたように祭壇が設けられており、とてもひっそりとした姿のお稲荷様でした。

PB033055.jpg


 裏山から降りてきて、再び本殿のある敷地に戻ってきました。
そして、本殿脇に建っている「立石神社」にお参りすると、目の前に大きな岩があるのがよくわかります。

 それでは、この神社の見どころでもある、この岩の方へ行ってみましょう。

PB033075.jpg


 途中、少し高い所から岩を眺めてみました。
神々しく縄が巻かれた巨岩の周りには、堀がめぐらされています。

PB033060.jpg


 そしてまもなく、岩の前に到着しました。

 この巨岩は、古来より霊岩として崇拝されてきたもので、元々、玉比咩神社はこの岩を御神体として祀ったのが起源であるといわれています。
 また、古くはこの岩を「玉石」と呼んでいたようで、神社の名や「玉」と呼ばれる地名も、ここから名付けられたものではないかといわれています。

PB033067.jpg


 さて、この「霊岩」を有する「玉比咩神社」、実は県内でも有数のパワースポットらしいのです。
何と!ここに訪れて岩にふれることで、たいへんなご利益が得られるとか・・。しかも、ご丁寧なことに岩に近づくための橋まで設けられています。

 それでは、さっそく橋を渡って岩にふれてみましょう。

PB033072.jpg


 そして、願うことは「これからも無事で楽しい旅が続けられますように・・。」

PB033070.jpg

 ということで、この旅の続きは次回のレポートといたしましょう。

この旅の続きはこちら → 第三回 夕暮れの造船所
いままでの旅のリンク集はこちら → ポタ麿旅のトビラ

---------------------------------------------------
(参考文献)

  現地案内板
  (社)玉野市観光協会ホームページ
  ウィキペディア(Wikipedia)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- せんべいまゆ - 2012年11月12日 08:26:14

あのトンネルは玉野市電の後だったんですね。
昔はよくフェリーに乗って四国へ渡っていましたが瀬戸大橋ができてからはめっきり回数が減りましたね。
いしいひさいちさんの漫画はおもしろいので大好きです。がんばれタブチくんは面白すぎて本屋で声を出して笑ってしまったことがあります。

Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2012年11月13日 20:37:17

せんべいまゆさん、こんばんは。

四国へフェリーで行くのは、遠いところに旅するみたいな感じで楽しかったですね。

急いでいない時なら、船内でゆっくりできますし。

なくなってほしくない宇高航路です・・。

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。