スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(第一回)県内有数の港町でノスタルジーに浸る「宇野港周辺」 ~岡山県・玉野市(宇野港)~

県内有数の港町でノスタルジーに浸る ~岡山県・玉野市(宇野港)~ 

「第一回 宇野港周辺」

 自転車を購入する前から、サイクリングで訪れてみたいところがありました。それは岡山県南に位置する玉野市の港町「宇野」です。
 そして、今回念願が叶い、ようやく現地へ赴く機会が訪れたことは、この1年間自転車旅を続けてきて、多くの経験を蓄積できたおかげかな?なんて思っています。

 それでは、1年間の集大成の意味も込めて「宇野港」へむけていざ出港!


1.スタート(岡山県庁)

 出発地は毎度おなじみの岡山県庁です。とても爽やかな秋晴れとなった本日ですが、さすがに11月ともなると若干の肌寒さも感じます。

PB032877.jpg


 県庁を出発してすぐ、そばを流れる旭川に架かる「相生(あいおい)橋」を渡ります。
橋から川下を眺めると、土手にある桜並木がずいぶん赤く色づいているのに気がつきます。

 橋を渡りきると、今度はこの桜並木の横を通って川沿いを南下していきます。

PB032879.jpg


2.児島湾大橋

 旭川に沿って河口付近まで南下してきました。上空を見上げると大きなアーチが架かっているのがわかります。これから、この橋を渡り対岸の児島半島へ行くことにします。

PB032887.jpg


 今渡っている児島湾大橋は、昭和58年に完成した全長1,050mの橋だそうで、岡山市と対岸の児島半島を結んでいます。
 今回の旅では、この海上橋「児島湾大橋」を渡るのがひとつの楽しみでもありました。

PB032891.jpg


 よく晴れた本日は、橋上からの眺めがとてもよく、岡山市街地をクリアに撮影することが出来ます。

PB032897.jpg


3.児島半島・峠越え

 橋を渡りきり児島半島に入ると、しばらくは湾内の海岸線を西へ走行します。進行方向右側には、波静かな児島湾が広がるシーサイドコースです。
 しかし間もなく、今度は進路を南にとり最後の難関である山越えを行うことになります。すると、道は写真のように上り勾配(こうばい)に・・。

PB032899.jpg


 峠の上り坂を懸命にペダリングしていると、視線の先にトンネルが見えてきました。どうやらここが峠の頂上のようです。
 トンネルの入り口を過ぎると、一転して下り基調となってきました。そしてトンネルをぬけたら、いよいよ宇野の街へ入ります。

PB032905.jpg


4.宇野の街

 峠を下りきり、間もなく行くと市街地に入ってきました。進路左手の山上にはシンボリックな岩塊が見えています。ただ、ここだけではなく、まわりの山は大なり小なり岩がちな地形であるようで、ゴツゴツとした特徴的な山肌を見ることができます。

PB032909.jpg


 岩山を過ぎてまもなく、行く手に列車と駅のプラットフォームが見えてきました。

PB032913.jpg


 そして到着したのは、近年の再開発事業で駅前広場がきれいに整備された「JR宇野駅」。
 駅の目の前には宇野港が隣接しており、瀬戸大橋の開通をみるまでは、宇野と高松を結ぶ宇高(うこう)航路の接続駅として大変賑わっていたといいます。

 一方、宇野地区を中心とする玉野市は、人口6万人を越える県内の中核都市で、高松への航路を有する四国への玄関口として発展してきた歴史を持ちます。

 今回は、ここを起点として玉野の街を自転車で巡ってみたいと思います。

PB032915.jpg


5.宇野港周辺

 ここは宇野駅から西へのびる「宇野港銀座」とよばれる商店街です。かつては雰囲気のあるアーケードが架かっていたようです。

PB032926.jpg


 ここ宇野港周辺は、レトロな香りが漂う街です。商店街通りの向こうには、趣のある洋館が見えています。(どうやら、古くからある医院の建物であるようです。)

PB032923.jpg


 続いて、次なるレトロな建築物「岡山水上警察の遺構」を見るために、ネットで調べた場所に来てみましたが・・。
辺りを見回しても、それらしきものは見あたりません。そしてあきらめかけたとき、ひょんなことから発見することができました。
 見つけたのは写真の駐車場手前に掘られた側溝。

CZvZ_QxZSkB5jvb_1352041191.jpg


 この側溝の中に探し求めていたものがありました・・。

PB032932.jpg


 しかし、辺りには案内板的なものがまったく無いので、見つけるのにはかなり困難なのでは・・と思ってしまいます!
 まるで宝探しで見つけたかのような、貴重なレンガ造りの建物遺構でした。

PB032942.jpg


 旧岡山水上警察のあった辺りは、現在でもいくつかの官署が立地している地区のようです。

(見えているのは玉野港湾合同庁舎、向こうには市役所や水道局も立地しているようです。)
PB032946.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 水上警察を過ぎ、港に沿って南下していくと「宇高国道(うたかこくどう)フェリー」の桟橋が見えてきました。消えかけていますが「28分ごと」と書かれた大きなネオン看板が目印です。

PE0prFTVx30lYS1_1352041431.jpg


 かつては、複数のフェリー会社と運行を競った「宇高国道フェリー」ですが、高速道路割引制度などの影響により利用客が減少し、とうとう平成24年10月18日で航路を運休するに至りました。
 私事ですが、四国に渡る際は必ずといっていい程このフェリーを使っていましたので、非常に残念です。

PB032952.jpg


 最盛期には数社によって昼夜を分かたず、頻繁にフェリーが出入りしていた宇野港ですが、今はその姿も少なくとても静かな港に見えます。

 さて、国道フェリー桟橋の向こうに、この街のランドマークが見えています。今度はそちらの方に行ってみましょう。

PB032956.jpg


 桟橋から見えていたのは巨大な煙突でした。足下を通過する自動車と比較すると、ずいぶん大きいことがわかるかと思います。ネットで調べてみると66mを越える高さがあるようです・・。

PB032962_20121106182835.jpg


 この煙突は「おばけ煙突」とよばれる宇野港のランドマークのひとつで、古い火力発電所の遺構だそうです。

PB032971_20121104203637.jpg


 煙突の隣にあった発電所の建物は現在解体作業中でした。解体される前の建物を知らないのでエラそうなことは言えませんが、近代化遺産のようなものであったのなら残しておいて欲しかったところです・・。

PB032973.jpg


 港町をイメージさせる倉庫と「おばけ煙突」を組み合わせて撮ってみました。この「おばけ煙突」もいつの日か解体撤去されてしまうのでしょうか?

PB032976.jpg


6.玉野市電廃線跡サイクリングロードの沿線探訪

 話は変わって、かつてこの街には「玉野市電」という鉄道が走っていました。当時、市電は造船の街として栄えてきた玉野の労働者の脚として活躍していたそうです。しかし昭和47年、折からのモータリゼーションの到来により廃線となってしまいました。
 そして、現在はその廃線跡を利用してサイクリングロードが整備されているようです。

 それでは、今度はここを走ってみたいと思います。

PB032977.jpg


 玉野市電サイクリングロードの見どころのひとつでもある並木通りにやってきました。
きれいに色づいたイチョウやポプラの並木が鮮やかなトンネルを形作ってくれています。

PB032981.jpg


 さて、行く手にトンネルが見えてきました。このトンネルは玉野市電の遺構のようです。

PB032997.jpg


 大きく湾曲したトンネルの内部、ここを抜けるとどのような世界がまっているのでしょうか?

PB033000.jpg

この続きはこちら → 第二回 造船の街
いままでの旅のリンク集はこちら → ポタ麿旅のトビラ

---------------------------------------------------
(参考文献)

  現地案内板
  (社)玉野市観光協会ホームページ
  ウィキペディア(Wikipedia)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- すずた - 2012年11月06日 21:08:57

こんばんは。
児島湾大橋いい眺めですね、一度渡ってみたいものです。

また、水上警察署の遺構はよく見つけられましたね。探すのが、難しそうです。

玉野市電の続き、楽しみにしています。

Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2012年11月08日 20:17:24

この日は、とても天気が良かったので、気持ち良く橋を渡れました。

しかし、水上警察の遺構を探すのにはずいぶん苦労しました(笑)

付近を何度も行ったり来たりしていたので、変な人に思われたかも・・です。


トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。