スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山市郊外「招き猫美術館」と「金山寺」に行ってみる ~岡山市(北区)・金山寺~

ミニ・ポタ紀行(近場で魅力発見の旅)
岡山市郊外「招き猫美術館」と「金山寺(きんざんじ)」に行ってみる ~岡山市(北区)・金山寺~

1.北へ

 今日は久しぶりのポタリングなので、いつも以上にはりきって岡山市中心部を出発!!
赴いたのは郊外にある里山です。

 大方、刈り取りが終わった田んぼに立ち、私を出迎えてくれたのは表情の豊かな案山子(かかし)でありました。

PA272759.jpg


 冬支度を始めた田園地帯を過ぎ、進路を山側にとります。
向かうのは市内中心部の北東に位置する「金山(かなやま)」。
緩やかに登りに転じた道を少し進むと、山陽道をくぐるトンネルがありました。

PA272875.jpg


 そしてトンネルを過ぎた辺りから、坂道の斜度がさらに増してきます。

PA272772.jpg


 登山道は谷間を通っており、進路右側には山肌を見ることができます。
比較的気候が温暖な岡山市内ではありますが、少しずつ山が色づき始めているのがわかります。

PA272769.jpg


 山の中腹あたりまで登ってきました。山頂付近には巨大な電波塔を見ることができます。

PA272785.jpg


2.招き猫美術館(岡山市北区金山寺865-1)

 そして、まず辿り着いたのが「招き猫美術館」。ここは1994年に開館した施設で、以前から一度は行ってみたいと思っていたのですが、今回ようやく訪ねることが出来ました。

PA272793.jpg


 それでは、階段を登って館内に入っていきましょう。

PA272806.jpg


 敷地内では招き猫の(ほこら)がお出迎えです。

PA272795.jpg


 ここが美術館の入り口のようです。

PA272796.jpg


 館内では約700体の個性的な招き猫を鑑賞できます。著作権等の関係から、そのほとんどは写真撮影不可ですが、この巨大な黄金の招き猫は唯一写真に撮ることが出来ます。

 美術館は決して大きくはないですが、さまざまなスタイルの招き猫を鑑賞することが出来ました。これらの招き猫はそれぞれが表情豊かでとても愛らしく、ホッと心がなごむような懐かしいものばかりです。
 山間に所在し、周りは自然も豊かであることから、ドライブやハイキングなどで立ち寄るには絶好の場所ではないかと思います。また、美術館で販売されているオリジナルグッズも微笑ましいデザインのものばかりで、これらを求めて現地を訪れてみるのもアリなのではないでしょうか。

PA272804.jpg


 金山の中腹、標高でいうと300m前後のところに美術館はありました。山頂につながる美術館前を通過するコースは、ヒルクライムの恰好の練習場であるようで、当日は何組かの自転車乗りの姿を見かけました。そのような本格的な人達は、中腹でヘトヘトになっている私を横目にグイグイと山頂まで登って行かれます。
 まあ、さすがにクロスバイクで来ている人は私以外に見かけませんでしたが・・。

(美術館裏口)
PA272807.jpg

☆招き猫美術館情報

住所:岡山市北区金山寺865-1
TEL・FAX 086-228-3301
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 水曜日・年末(お正月・祝日・お盆は開館)
詳細はこちら → 招き猫美術館ホームページ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3.金山寺(岡山市北区金山寺481)
 
 美術館を出て、つぎに向かうのは「金山寺」です。
この寺は天平勝宝元年(749年)報恩大師(ほうおんだいし)により創建され、後に備前四十八箇寺の根本道場ともなった由緒正しい天台宗の古刹(こさつ)です。2月にはここで「金山会陽(えよう)(はだかまつり)」が行われることでも知られるお寺のようです。


 山門に続く参道は舗装されておらず、とても素朴な感じに思えます。

PA272810.jpg


 この寺の山門は、両脇に金剛力士像が安置されており、岡山市の重要文化財にも指定されています。現在は補修工事を行っているのか、足場のような物が組まれていました。これはこれで不思議な光景です。

PA272813.jpg


 それでは参道を進んでいきましょう。
木々に囲まれた、このような階段を登って少しずつ境内に近づいて行きます。

PA272818.jpg


 途中、立派に組まれた石垣が目に飛び込んできました。小さな城郭のようにも見えます。

PA272819.jpg


 山門から登る事数分、本堂らしき建物が見えてきました。

PA272820.jpg


 本堂は天正3年(1575年)、宇喜多直家庇護のもと再建されたという桃山期の建物で、現在は国の重要文化財に指定されているようです。
 私が訪れたときは、本堂の扉が一枚だけ開いており、中を見られる状態になっていたのですが、ほの暗い堂内にろうそくが点り、仏像や僧形(そうぎょう)の木造がその明かりの中でゆらめいている光景はとても幻想的でありました。

PA272870.jpg


 かつては備前地方において主要な寺院として繁栄をした金山寺ですが、その後いろいろと変遷があったようで、現在は山間にある素朴なお寺といった趣です。しかしながら細部においては、やはり重厚な造りを見ることができました。

PA272824.jpg


 また、寺内には「金山寺文書(国指定重要文化財)」や「阿弥陀如来座像(県指定重要文化財)」をはじめとして、歴史的な文化財が多く保存されているようです。

PA272833.jpg


 本堂の裏手に回ると、このような石造りの鳥居があります。鳥居の向こうは階段となっており、それを登っていくと2つの古い社がありました。これは金山寺の鎮守社なのかもしれません。

PA272837.jpg


 本堂がある敷地から、裏山につながる階段がありました。この先に何があるのか・・。
興味をおぼえたので行ってみることに・・。

PA272868.jpg


 階段を上っていくと、やがてお堂が見えてきました。小さいながらも形の美しいお堂です。

PA272840.jpg


 そのお堂の脇を進んでいくと、頭上に大きな三重塔が見えてきました。

PA272841.jpg


 この塔は高さ26.3mを誇る、天明8年(1788年)に完成をみた三重塔で岡山県の重要文化財に指定されているそうです。

PA272866.jpg


 塔を斜めから撮ってみました。大きく反り返った三段の屋根がとても立派に見えます。

PA272860.jpg


 屋根の下、木組みをした部分をアップで写してみました。装飾といい組み方といいとても芸術的な造りでした。

PA272861.jpg


 三重塔がある場所から、遠くを眺めてみました。やはりこの場所はずいぶんと標高が高いようです。
「おも~えばとお~くへきた~もんだ♪」


PA272864.jpg


 さて、最近は陽が落ちるのがずいぶんと早くなりました。また、市内とはいえ山ふところに抱かれたこのあたりは少し肌寒くもあります。風邪などをひかないように、そろそろ下山することにしましょうか・・。

 そして、来た道をとって返して、再び岡山市中心部に到着した時点で今回のポタリングは終了です。

前回の旅の記録はこちら → 広島空港ダウンヒル!!(広島県三原市)
旅のリンク集はこちら → ポタ麿旅のトビラ

---------------------------------------------------
(参考文献)

  現地案内板
  招き猫美術館ホームページ
  岡山市デジタルミュージアムホームページ
  ウィキペディア(Wikipedia)

(地図)

大きな地図で見る

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - すずた - 2012年10月30日 21:06:37

こんばんは。
金山寺のお堂も、三重塔も趣きがあっていいですねえ。

あと、単管パイプの足場の組まれた山門というのも、不思議な光景ですね。
木の足場にしてほしいところですが、それはわがままというものでしょうか…

No title - せんべいまゆ - 2012年10月31日 14:44:52

昔は仕事の関係で金山方面へはよく行っていましたが、招き猫美術館は知りませんでした。
いつ頃できたんでしょうね。
ここに行けば何か福が来そうですね(^u^)

Re: No title - ポタ麿 - 2012年10月31日 16:53:56

すずたさん、こんばんは。
金山寺は、実に素朴なお寺なんですよ。周りは静かな里山で。
しかし、近年は文化財の保護に乗り出しているのか、山門や護摩堂などを補修工事していました。
ちなみに、三重塔も最近修復を済ませたようです。
大幅リニューアルを図っている最中だけに、足場までは気がまわらなかったのでしょうねぇ・・。



Re: No title - ポタ麿 - 2012年10月31日 17:03:00

せんべいまゆさん、こんばんは。
金山の方によく行かれてたんですね。
今回行った「招き猫美術館」は1994年に出来たと言いますから、もう20年になるようです。
民家を改造したような、それはそれは小さな美術館ですが、なかなかご利益がありそうですよ!


- ぽんた - 2012年11月03日 08:48:19

こんちには。ブログの背景が変わったんですね。おしゃれでステキですね!

招き猫美術館、行ってみたいです。
ポタ麿さんが紹介して下さると、必ず行ってみたくなるの不思議です。

Re: タイトルなし - ポタ麿 - 2012年11月04日 20:47:10

ぽんたさん、こんばんは。
最近、急に寒くなってきて新しい季節の到来を感じたので、ブログのデザインを変えてみました。
ステキと言われると少々照れますが・・・(笑)
招き猫美術館は、とてもいいところなので、ぜひ行ってみてください!

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。