スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラマンアート展 ~香川県高松市~

ウルトラマンアート展 ~香川県高松市~


 10月13日(土)、今日は朝から気持ちよく晴れたこともあり、「とある展示物」を観に一路高松へ。
今回は自転車から離れて電車の旅ということで、とりあえず岡山駅まで出てきました。

 定刻になり、ホームには高松行きのマリンライナーが入ってきました。

PA132664.jpg


 電車で瀬戸大橋を渡るのは久しぶりなので、車窓から見える風景をパシパシ写真に収めていきます。

PA132676.jpg


 瀬戸大橋の立派な骨組み・・。それにしても、こんなものよくつくったものです。

PA132678.jpg


 そして、このコンビナートが見えてくると、まもなく橋が終了し香川県・坂出に到着します。

PA132694.jpg


 坂出駅から約15分電車に揺られると高松に到着です。
最後尾から入線してきた岡山駅ではわからなかったのですが、先頭車両はこのような2階建てパノラマカーだったようです。(グリーン車ですが・・。)

PA132702.jpg


 ここはJR高松駅前です。

PA132706.jpg


 再開発事業によって、駅の周りが本当に綺麗になりました。まさに四国の玄関口にふさわしい様相です。

PA132705.jpg


 JR高松駅をでると、両脇にビルが建ち並ぶ中央通りを南へ向かいます。

PA132707.jpg


 そして辿り着いたところがココ!!「高松市美術館」。

zNsJgk2PgDtlJnh_1350306168.jpg


 お世辞にも、アートに明るくない私が何故美術館に訪れたか・・。

PA132711.jpg


 その答えはコレです。「ウルトラマンアート展」

PA132713.jpg


 先日ローカルニュースでこれをやっていることを知り、懐かしさのあまりつい足を運んでしまいました。
すると、いきなり私を迎えてくれたのが飛行するウルトラマン(初代マン)。このようなものを見せられると、早くも興奮を押さえられません。

PA132748.jpg


 何と言っても、幼い頃からテレビにかじりついて見ていましたから・・
それはもう、むちゃくちゃ好きでしたよ!!(特に平日の夕方には毎日のように再放送が流されていました・・。)

(番組終了後に再制作されたスーツ)
PA132724.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 なかでも、名作といわれる「ウルトラセブン」は一番好きかも・・です。

(番組終了後に再制作されたスーツ)
PA132725.jpg


 この横顔なんか、今にも必殺のアイスラッガーを射出しそうな勢いです!!

PA132727.jpg


 ウルトラマン全編を通じて敵役のナンバーワンは、やはり「バルタン星人」ですね。パソコンで漢字変換をかけても一発で出てきます。(ばるたんせいじん → バルタン星人)

(番組終了後に再制作されたスーツ)
PA132728.jpg


 こちらはセブンに登場するビラ星人。セブンは宇宙からの侵略者と闘うというのがコンセプトなので、異星人が目白押しなのですが、このように足が退化してしまって浮遊する虚弱体質な敵がいくつかでてきます。(第一話のクール星人然り・・)

(番組終了後に再制作されたもの)
PA132730.jpg


 そして、セット内に座るこの宇宙人はメトロン星人。名作といわれているウルトラセブンの中でも脚本・映像ともに秀逸なのがメトロン星人の登場する回である「狙われた街」。
 そして、セットが組まれているエピソードは、この放送回の中でも最も印象に残るモロボシ・ダン(ウルトラセブン)とメトロン星人が、ちゃぶ台をはさんで対峙する場面です。

(番組終了後に再制作されたスーツ)
PA132718.jpg


 せっかくなので、バックの写真のようにメトロン星人をモロボシ・ダン目線で見つめてみました。

PA132742.jpg


 このようにバルタン星人の肩口から会場を撮ると、あたかも襲撃する機会をうかがっているかのよう・・。

PA132732.jpg


 そしてこちらが、地球防衛組織が誇るスーパーウェポン。
ウルトラマンに登場する科学特捜隊の「ジェットビートル」。

(番組終了後に再制作されたもの)
PA132734.jpg


 一方、こちらはウルトラ警備隊所属の大型戦闘機「ウルトラホーク1号」。この機体は分離することもでき、3機の戦闘機になって敵を攻撃します。
 なお、当機のカタパルトは富士山麓の地下にあり、劇中では格納庫からカタパルトへ移動する際の演出がとてもリアルだったことをよくおぼえています。「Fourth gate open!」って奴ですね。

(番組終了後に再制作されたもの)
PA132735.jpg


 こちらも言わずと知れたウルトラ警備隊所属の小型戦闘機「ウルトラホーク3号」。
滝の中から出撃!!というのに憧れたものです。

(番組終了後に再制作されたもの)
PA132738.jpg

 私は大人になってからも、たまに昭和のウルトラシリーズが観たくなります。そして、そんな時はDVDを借りるのですが、やはり幼少のころとは若干観方も変わってきていて、当時の世相とかファッションなどに目が行ってしまいます。これが「大人のみかた」なのでしょうか?
 とはいえ元々の脚本がすばらしいので、この歳になっても観られるのでしょうね。

 昭和40年台の始めから約10年間、ウルトラマンは地球人類を優しく、時には厳しく見つめ続けてくれたのです。そしてそれは、第1期・第2期ウルトラシリーズという輝かしい日本の映像史でもありました。

PA132739.jpg


 実は写真に収めたのは、展示品の一部に過ぎません。というのも、大部分は撮影が不可だったためです。特に当時の撮影で使われたものなどは現地に赴むかないと観ることができません。(貴重なものなので当たり前ですが・・)
 ということで、私が特に感動を覚えた展示物を数点、活字でもってお伝えしたいと思います。


①(ウルトラ警備隊)キリヤマ隊長のユニホームとヘルメット(撮影時使用のもの)

  これはもう、レア中のレアでは・・・。ヘルメットはとてもリアルに造られていました。


②ゴモラの頭部(撮影時使用のもの)
 
 ウルトラマン(初代マン)の中盤における最強の怪獣ですね。大坂万博への出展怪獣でした。


③分離飛行を行うキングジョーの一部(撮影時使用のもの)

 ウルトラセブンに登場する最強のスーパーロボット「キングジョー」。長距離を移動するときは分離して飛行していましたが、その分離した形態の一部が展示されていました。


③ウルトラホーク2号(撮影時使用のもの)

 ウルトラ警備隊の対宇宙防衛用の機体。本編では下から見上げるようなカットが多く使われていたような気がします。

その他、当時の台本・写真・脚本原稿・デザイン画など貴重な展示物が盛りだくさん・・。

10月28日(日)まで高松市美術館で行われていますので、お近くの方はぜひ訪れてみてください。


ウルトラマンアート展の詳細はこちら → 高松市美術館ホームページ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - せんべいまゆ - 2012年10月19日 21:01:01

ウルトラシリーズ、特にウルトラセブンを語らせたら目が輝いて一日中でも大丈夫って感じでしょうか。
なんでも熱く語れるものがあるのはいいですね(^-^)

Re: No title - ポタ麿 - 2012年10月19日 21:45:47

せんべいまゆさん、こんばんは!!

いや~、お恥ずかしい(^^ゞ

いくつになっても童心が消えなくて・・。

おそらく、一晩ぐらいなら寝ないで語っちゃいますよ(笑)

No title - すずた - 2012年10月20日 20:21:42

なつかしいですねえ。
撮影可のものと不可のものに分かれているのですね。
番組終了後に再作成されたものが、たくさんあることにも驚きました。

ウルトラセブンでは、ワンツースリーフォ、ワンツースリーフォのメロディもかっこよかったです。

Re: No title - ポタ麿 - 2012年10月22日 15:59:37

ワンツースリーフォ、ワンツースリーフォのメロディいいですよね。
こんな渋~いBGMなんて、現代の子供向け番組ではあり得ないのではないかと思いますよね。
当時のウルトラシリーズは新進気鋭の脚本家がいたりして、エンターテイメント性の高い番組でしたね。

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。