スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三原の旅(2)「本郷の町、米山寺」

2012ポタリングシリーズ・セカンドステージ6
(第二回)広島空港ダウンヒル!!(本郷の町、米山寺) ~広島県・三原市~


(前回までのあらすじ)

 広島県三原市の山上にある「広島空港」からダウンヒルを開始、途中「女王滝」に立ち寄り優美な自然にふれたのち、再び降下。
 しばらくして見えてきたのは、山間を縫うように架けられた橋。この広島空港ダウンヒルの見どころのひとつでもあった湾曲する橋を渡りきって記念写真・・パチリ!!。しかし、橋の下は深い谷ということで、眺めはいいのだけれど、のぞき込むととても怖い・・。
というところまでが前回のレポートでした。

第一回の記事はこちら → (第一回)広島空港ダウンヒル(女王滝) 


 さて、今回はダウンヒル後半から始まり、麓町の探訪までをレポートしてみようと思います。

P9292489.jpg


1.ダウンヒル後半

 記念撮影を終了して、まもなく進んでいくと、今度は赤い橋が見えてきました。
秋を彩るのにふさわしい配色がなされた橋です。

3YNTgbcOikEZTvS_1349350356.jpg


 赤い橋を過ぎると、今度は直線的な下り坂にさしかかります。登り側は登坂車線になっています。

Y6_7f1YSM48oSPO_1349350529.jpg


 直線が終わりに近づくあたりで、左手に見えてきたのは「山陽自動車道・本郷(ほんごう)インターチェンジ」。東方面から広島空港にアクセスするのに最も便利なインターチェンジです。

tqDurj968G0RG4f_1349350567.jpg


 インターチェンジを過ぎると、本郷の集落が見えてきました。
まもなくダウンヒルも終りをむかえます。

P9292511.jpg


 坂を下りきったところには、三原の象徴的な川「沼田川(ぬたがわ)」が流れていました。

P9292518.jpg


 その「沼田川」に沿って南下をしていると見えてきたのは小高い山。
かつて戦国期には、ここに「新高山城(にいたかやまじょう)」がありました。
 なお、この城は「毛利元就」の三男「小早川隆景(こばやかわたかかげ)」の居城として知られています。

P9292521.jpg


 新高山城の麓にある沼田本郷の天然水。ここでは天然の地下水を飲むことができます。私が訪れたときも近隣の方が水を汲みに来られていました。話を聞いてみると、週1回ここに来て1週間分の水を汲んで帰られるとのこと。

P9292532.jpg


 また、県東部では知られた天然水だそうで、遠くは福山市内からも水を求めてやって来る人がいるそうです。
なお、水は100円で4リットル汲むことができます。

P9292535.jpg


 天然水の脇には、小さな塔が建っていました。この土地の地権者が建てた「感謝の塔」だそうです。

P9292529.jpg


 沼田本郷の天然水をあとにして、一路本郷の市街地にむかいます。
すると、道端に連続して3本も並んで建つ道標を見ることができます。ずいぶん賑やかな風景です。

P9292538.jpg


 まもなく進路の傍らには、JR山陽本線のレールが見えてきました。
そして、レールの先には本郷の町が広がっています。

P9292524.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2.本郷の町

 ここ本郷はかつて町制を敷いていた所で、当時は豊田郡本郷町と呼ばれていました。平成に入り、隣接する三原市と合併して現在は三原市本郷となっています。なお、この町出身の著名人に、「サンデー兆治」こと元ロッテオリオンズの「村田兆治(むらたちょうじ)氏」がいます。

 そして、ここは町の中心駅「JR本郷駅」です。見たところ、近年リニューアルが施されたようです。それでは、ここを中心として、本郷の町中を少し探索してみましょう。

P9292540.jpg


 おそらくですが、この通りが本郷の中央通りではないかと思われます。
両脇には商店などを見ることができます。

P9292541.jpg


 通りの一角で立派な鐘楼(しょうろう)を見ることができました。なかなか重厚な造りに惹かれてしまいます。

P9292550.jpg


 また、寺院の近くには、趣のある古民家もありました。

P9292545.jpg


 本郷の町の北に位置する山間には臨済宗佛通寺派の本山である「佛通寺(ぶっつうじ)」があります。
中国観音霊場のひとつでもある佛通寺は、古くから信仰の対象として崇められた歴史を持つようです。
 現在では県内屈指の紅葉の名所として、また禅修行を体験できるお寺としてその名を知られています。

 ちなみに私も若かりし頃、ここで厳しい禅修行を受けた思い出があります・・。

P9292551.jpg


 それでは、このあたりで本郷の町をあとにして、次の目的地に行ってみましょう。


3.米山寺

 さて、今回の旅の中で「女王滝」と並んで行ってみたい場所であった「米山寺(べいさんじ)」の参道に到着しました。ここからは、しばし山道を登ることになりそうです。

P9292553.jpg


 山道を辿(たど)ること約20分、目指していた「米山寺」に到着しました。
 この寺は、戦国期における中国の雄「毛利」を支えた両川(りょうせん)の片翼「小早川家」の菩提寺(ぼだいじ)です。小早川家が毛利家の中核になったのは、毛利元就の三男「小早川隆景」が養子として入り、のちに当主となったからです。その後、戦国時代末期から秀吉の天下統一に至るまで、毛利家の重臣として活躍し、のちの豊臣政権下においては国政にも参与していくことになります。


※毛利両川体制・・・元就の二男元春(もとはる)が養子に入り当主となった吉川家と隆景の小早川家の両家により毛利宗家(そうけ)を支える運営体制。一般的には山陰方面を吉川家が、水軍力を誇る小早川家が瀬戸内側を担当していた。

P9292564.jpg


 この建物は宝物館で、中には国の重要文化財「絹本著色(けんぽんちゃくしょく) 小早川隆景像」をはじめとして、多くの重要文化財が安置してあるそうです。なお、5人以上で申し込みを行えば拝観させてもらえるみたいです・・。

P9292561.jpg


 一方、こちらは小早川家の霊廟(れいびょう)

P9292562.jpg


 本堂敷地から少し離れた山沿いには「米山寺宝篋印塔(ほうきょういんとう)」があります。全部で20基の宝篋印塔が前後2列に建ち並んでいる姿は壮観さを感じます。
なお、前列一番右に建っているものが隆景の墓だそうです。

P9292571.jpg


 これだけの数の宝篋印塔が保存状態も良く建ち並ぶ光景は、全国的に見ても例を見ないものだそうです。
  
P9292575.jpg


 毛利の賢将として知られ、影となり日向となって主家を支えた小早川隆景は現在(いま)、三原の山間でひっそりと眠りについているのです。

P9292585.jpg


この旅の続きはこちら → (第三回)広島空港ダウンヒル!!
いままでの旅のリンク集はこちら → ポタ麿旅のトビラ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - tac-phen - 2012年10月12日 07:47:04

以前夏に三原~世羅~尾道と走ったことがありますがアップダウンの連続でダウンしかけたことを思い出しました。

広島空港からは登りがほとんどないダウンヒルなんでしょうか?

ポチ。

No title - せんべいまゆ - 2012年10月12日 19:01:02

ポタ麿さんのおかげで岡山や広島の車旅だとなかなか行けない見れない場所が見れるので楽しいです。
このあとも楽しみにしています(^u^)

Re: No title - ポタ麿 - 2012年10月13日 10:25:08

tac-phenさん、こんにちは。

今回は「ダウンヒルだけを楽しむ」というコンセプトだったので、

麓から広島空港までは交通機関を使いましたが、空港から麓の三

原市本郷まではダウンヒルオンリーでした。

たまには、登りのない走行もいいもんですよ。

Re: No title - ポタ麿 - 2012年10月13日 10:33:53

せんべいまゆさん、こんにちは。

ありがとうございます(*^_^*)

そのように言っていただけると、とても励みになります。

これからも、自転車目線で「マイナーではあるものの味がある場所」

を探し求めて各地を彷徨っていこうと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いします!!

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。