スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久米南町の旅(3)「県央の古刹・誕生寺」

2012ポタリングシリーズ・セカンドステージ(4)
(第3回)県央にある「川柳(せんりゅう)の町」と「浄土宗の名刹(めいさつ)」を探訪する ~岡山県・久米南町(くめなんちょう)


(前回までの旅)

 岡山市中心部から北へ40km、「川柳の町・久米南町(くめなんちょう)」へ訪れた私は、町の中心地である「弓削(ゆげ)」のあちこちで川柳の世界にふれることができました。
 一方、町はずれの山間にあった「七面山御滝(しちめんざんおたき)」では、自然に囲まれて心安らぐひとときを過ごしました。
(この旅を最初から表示する場合はこちら → (第1回)県央にある「川柳の町」と「浄土宗の名刹」を探訪する 

 そこで、続く第三回では、弓削からさらに北へと移動して、久米南町もう一つのシンボルである浄土宗の大寺院に訪れてみようと思います。


6.誕生寺(たんじょうじ)

①山門

 行く手に見えてきたのは「誕生寺」の山門です。

栃社山(とちこそさん)・誕生寺」は、久米南町の法然上人(ほうねんしょうにん)誕生地にある浄土宗の古刹で、源氏の荒武者として恐れられ、後に上人の弟子となった熊谷直実(くまがいなおざね)蓮生法師(れんしょうほうし))が建立したと伝えられるお寺です。

P9151911.jpg


念仏橋(ねんぶつばし)

 山門の手前数百メートルの場所には、小さな橋「念仏橋」があります。
 誕生寺の創建者である熊谷直実は、建久四年(1193年)法然上人お手製の木造(現在の誕生寺本尊)を背負って、はるばるこの地までやってきたそうです。そして上人の館を目前としたこの橋の上で、喜びのあまり号泣して念仏を唱え続けたと伝わっています。
(当地案内板より抜粋)

P9151906.jpg


③本堂

 境内に足を踏み入れて、まず正面に見えてくるのが、「本堂・御影堂(みえいどう)」です。
かつて、ここには法然上人の誕生した館が建っていたそうです。その後、同じ場所に御影堂が創建されましたが、現在までに二度損壊の憂き目にあっており、今あるものは元禄期に再建されたものです。(国指定重要文化財)
(当地案内板より抜粋)

P9151916.jpg


④阿弥陀堂

 この「阿弥陀堂」は平成になって修築されたもののようで、とても綺麗です。

P9151919.jpg


 「阿弥陀堂」には、このような「お地蔵さま」があります。
参拝者にずいぶん撫でられているようで、なめらかな頭部が指先に心地よいお地蔵さまでした。

P9151920.jpg


 本堂横には立派な門と鐘楼(しょうろう)があります。

P9151938.jpg


⑤観音堂

 中国観音特別霊場である観音堂は、寛永八年(1631年)に初代津山城主が寄進したものだそうで、堂内には聖観音像が祀られています。

 さて、この聖観音様、別名「大願成就のお七観音」とよばれているようで、なんでも「七回お参りすれば大願が成就する」という、ありがたい観音様なのです。

P9151941.jpg


 観音堂のそばにある橋を渡ると、奥の院につながっているようです。それでは、美しい景色をめでながら先へと進んでいきましょう。

P9151942.jpg

(誕生寺の五輪塔・県指定重要文化財)
P9151944.jpg


 本堂と奥の院の間を流れる「片目川」です。
清流と緑、そしてお堂があいまった風景は、とても心が癒されるものです。

P9151945.jpg


 橋を渡るとすぐに見えてきたのは「勢至堂(せいしどう)」、法然上人のご両親の霊廟(れいびょう)です。

P9151947.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

⑥勢至堂

 この地方の豪族であった法然上人の父は、当時対立関係にあった者の夜襲を受けて43歳で命を落としてしまいます。しかし亡くなる間際、幼い勢至丸(のちの法然上人)へ出家するよう遺言を残します。

P9151948.jpg


 一方、母は比叡山に登る法然上人と決別した後、間もなく37歳の若さでこの世を去ってしまいます。

P9151949.jpg


 勢至堂の敷地内には、上人が産湯をつかった井戸が残っています。

P9151954.jpg


 華やかな本堂がある敷地とは違い、昼間でもその静謐(せいひつ)を保つこの場所では、

(勢至堂・五輪塔)
P9151952.jpg


 親と子の深いつながりを感じることができるのでした。

(勢至堂・南北朝時代の宝篋印塔(ほうきょういんとう)
P9151950.jpg


⑦奥の院(浄土院)

 勢至堂から少し坂を登ったその先には、浄土院があります。元々ここは法然上人の生家の菩提寺であったそうです。敷地内にある六角堂は、その名の通り六角形に形作られており、視覚的にバランスのとれた建築物です。

P9151961.jpg


 六角堂の裏手にまわってみましたが、とてもきれいに整えられています。

 それでは、このあたりで再び本堂のある敷地へ戻ってみましょう。

P9151963.jpg


 本堂がある敷地の一角には、旅立ちをする法然上人の像と

P9151972.jpg


 それを祈りながら見送る母の像があります。

P9151974.jpg


⑧宝物館

 また、このような宝物館も建っていました。(入館料200円)
訪れたときは時間が遅く、既に閉館していました・・。残念!!

P9151977.jpg


 最後に山門の全景を撮ってみました。この山門は正徳五年(1716年)に創建されたもので、現在国の重要文化財に指定されているようでした。

P9151983.jpg


7.誕生寺「二十五菩薩練供養(にじゅうごぼさつねりくよう)

 誕生寺では、毎年4月の第三日曜日に「二十五菩薩練供養」が行われます。室町時代から続くといわれる伝統的な法要会は日本三大練供養に数えられ、テレビニュースなどにも取り上げられるほどの大きな行事となっています。

P9151979.jpg


 大きな塔が立つ、「娑婆堂(しゃばどう)」です。ここは誕生寺山門より300メートル離れた飛び境内で、六地蔵が祀られています。

P9151987.jpg


 二十五菩薩練供養ではここを現世に、誕生寺の本堂を浄土にたとえ、法要が執り行われます。

P9151988.jpg

(二十五菩薩練供養の様子)
eshiki01.jpg


8.北庄(ほくしょう)棚田

 日本棚田100選にあげられる北庄に訪れてみました。ここは日本一の面積を誇る棚田だそうです。
現地では黄金色の棚田で日本の秋を満喫するつもりだったのですが・・、さすが北の大地は刈り取りが早い!
斜面の上方にある田んぼのほとんどは稲刈りが済んでしまったようでした。

P9152006.jpg

(棚田の案内板)
P9151999.jpg


 斜面の下にある田んぼには、まだ稲が残っており棚田らしい風景が残っています。

P9152022.jpg


 狭隘(きょうあい)な地形の中で、稲作の機能を追求した結果生み出された棚田は、図らずも周囲の自然と一体になり、日本の原風景のひとつとなったのです。

そして、今日も北庄の農村に日が沈みます。

P9152016.jpg

この旅を最初から表示する場合はこちら → (第1回)県央にある「川柳の町」と「浄土宗の」を探訪する

前回の旅の記録はこちら → 岡山市街地に残る古寺を巡る

☆今回のポタリングデータ

  日付:2012年9月15日
  距離:25.7km
  最高速度:36.0km/h
  平均速度:13.8km/h
  経過時間:2時間28分46秒
  消費カロリー:279kcal

(地図)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - tac-phen - 2012年09月27日 02:25:15

ここには早朝訪れられたんでしょうか。

写真がすごく透明感があり静寂感が伝わってきます。

棚田、見事ですね。

実際に行っていろいろな角度・場所から見てみたいです。

ぽち。

No title - せんべいまゆ - 2012年09月27日 19:41:45

久米南町にこのような立派なお寺があったことを知りませんでした。
でも、なでなで地蔵さまが何かとても親近感がわいて微笑んでしまいました(^u^)

Re: No title - ポタ麿 - 2012年09月27日 23:15:47

tac-phenさん、こんばんは。

誕生寺に辿りついたのは夕方で、観光客もかなり少なくなった時間帯だったので、静かで落ち着いた境内を撮ることができたんですよ。

最近はずいぶんと陽が短くなったので、ポタリングの撤収も早めになってしまいます。

棚田を訪れた時は、まさに夕暮れ時だったので、時間との闘いでもありました(笑)


Re: No title - ポタ麿 - 2012年09月27日 23:23:49

せんべいまゆさん、こんばんは。

「誕生寺」は岡山の中山間地にありながら、とても大きなお寺でした。

浄土宗の祖「法然上人」の生誕地ですから、信徒の方にとっては聖地なのでしょうね。

なでなで地蔵さん、なかなかかわいいですよね!!

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。