スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(前編)ミニ・ポタ紀行 近場で魅力発見!!「岡山市街地に残る古寺を巡る」

ミニ・ポタ紀行
近場で魅力発見!!「岡山市街地に残る古寺を巡る(前編)」


1.少林寺

 ここは岡山市街地にありながら、自然とのふれあいが楽しめる操山(みさおやま)の麓。
藩政時代の中心地「岡山城」から程近くの中区国富に所在する臨済宗のお寺「少林寺」です。

(デジタル一眼故障中で、ふだん使い慣れないデジカメを使用したため、右下に変な日付が出ています。あ~ぁ・・)
CIMG4870.jpg


 文化財などが多い閑静な住宅地にある寺院は、かの有名な戦国武将「池田輝正(いけだてるまさ)」の第八子で、第二代播州赤穂城主「池田輝興(いけだてるおき)」の菩提寺ということで、由緒のあるお寺です。

CIMG4874.jpg


 表門周りはきれいに整えられており、とても趣があります。

CIMG4876.jpg


 敷地の奥に入ってさらにビックリ!!
本堂がとても大きいのです。

CIMG4887.jpg


 アニメ「一休さん」にでも出てきそうな、この釣鐘のような形の窓枠(と、言うんでしょうか?)がいいじゃあないですか!!

CIMG4904.jpg


 境内の中心付近には印象的な観音様を見ることができます。このほか敷地内には多くの石碑などが建っています。

CIMG4880.jpg

狩野永朝(かのうえいちょう)の石碑)
CIMG4885.jpg


 さて、境内の奥には小さな崖のようになっている場所があるのですが・・

CIMG4895.jpg


 そこには、石の仏様が祀られています。
このひっそりとした感じが、心の癒しにつながります・・。

CIMG4889.jpg


 石仏のある小さな崖から再び境内の方へ帰ってくると、いきいきとした緑のかえでのむこうに見え隠れする「本堂」がこれまたイイ感じ!!

CIMG4896.jpg


 そして、この少林寺には江戸時代・元禄期に築庭された遠州流の庭園があります。普段は公開されていないようですが、今回お寺の住職さんに許可を得て撮影及びブログ掲載をさせてもらいました。

CIMG4905.jpg


 操山を借景とした庭には、池が配置されており、日本庭園独特の趣があります。

CIMG4910.jpg

 また、庭の山側奥には、岡山藩・筆頭家老であった茶人「伊木三猿斎(いぎさんえんさい)」が茶の湯を楽しんだという庵「三猿堂」を見ることができます。

CIMG4908.jpg

(本堂に吊るされていた鐘楼(しょうろう)
CIMG4909.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 それでは雰囲気のある「芭蕉翁」の石柱の横を抜けて「輝興公」の墓所の方へ行ってみます。

CIMG4903.jpg

 
 墓所に向けて少し山道を歩きます。(といっても、ほんの少し・・。数分ぐらいです。) 

CIMG4897.jpg


 竹林の向こうに、庭園から見えていた「三猿堂」を垣間見ることができます。

CIMG4900.jpg


 墓所へ続く細道から美しい境内を眺めてみます。

CIMG4893.jpg


 手前が37歳で岡山において病没した「池田輝興公」のお墓です。むこうに見えるのは、その兄「政綱(まさつな)公」のものです。墓は二つ並んで操山のふもとにひっそりと建っていました。

CIMG4902.jpg


 とても静寂な境内のなかで、豊かな緑と美しい日本庭園を堪能したので、このあたりで次の場所へ移動しましょう。
 
CIMG4915.jpg

(境内でつつましやかに咲く紫の花)
CIMG4877.jpg


 表門まで出てきて初めて気づいたのですが、少林寺は「岡山縣十勝地」になっているようです。さすがに趣があるわけです。

CIMG4916.jpg


 少林寺周辺の閑静な住宅地の中に、味のある井戸を発見しました。
かつては近所同士のコミュニケーションの場ともなったであろう「古井戸」がある風景です。なんかイイですね!!

CIMG4918.jpg


2.法輪寺

 少林寺から操山沿いに少し移動すると、立派な鐘楼門(しょうろうもん)が目に入ってきました。
重厚な造りが際立つ「法輪寺」の表門です。

P9091657.jpg


 ネットで調べてみると、大工さんの氏寺として創建された歴史があるようで、鐘楼門の随所には立派な仕事が施されています。

P9091659.jpg


3.目標発見!!

 かねてから気になっていたターゲットの姿が見えてきました。
 私は、この付近を通る幹線道路を車で通ることがよくあるのですが、山かげに見え隠れするこの塔のようなものが気になっていました。というわけで、今回の最終目的地はここです。

CIMG4917.jpg


4.謎の赤門

 塔を追っていく私の行く手に、突如として赤く大きな門が見えてきました。
果たして「謎の赤門」の正体は・・。

この旅の続きはこちら → 市街地に残る古寺を巡る(後編)

P9091631.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - すずた - 2012年09月11日 21:24:24

こんばんは。

日本庭園美しいですねえ。
非公開のものを住職さんと交渉するなんて、すばらしい行動力です。

ところで、庭園における借景という発想は、最初の考案者はすごい発想力だと感心します。

Re: No title - ポタ麿 - 2012年09月11日 22:46:16

すずたさん、こんばんは。

いや~私の行動力というよりか、住職さんがとても良い方で、「どうぞどうぞ」と言ってくださったんですよ。

ポタリングとブログを始めてから、このような現地での出会いが多くなったように思います。

恥ずかしながら私、今回はじめて「借景」という概念を知ったのですが、本当に素晴らしい発想だと思います。

特に山や川が身近にある日本の風土とマッチした庭園様式ですよね。

No title - tac-phen - 2012年09月12日 12:24:58

庭園がとても素敵ですね。

きっちり見せる、見ることを考えられてつくられているのがよくわかります。

最後のほうに出てくる門の作りというかデザインがすごいですね。

昔の職人さんはこだわりがすごかったのでしょうね。

ポチリ。

No title - ぽんた - 2012年09月12日 20:35:23

今晩は。庭園きれいですね(*^^*)

Re: No title - ポタ麿 - 2012年09月13日 01:40:46

tac-phenさん、こんばんは。

庭園は日本の自然を凝縮したようによくまとまっていて、なかなかの感動モノでした!!

古いお寺では、装飾がすばらしい山門をよく見かけることがありますが、宮大工にとって門を作るという事は一世一代の腕の見せどころだったのでしょうね。

Re: No title - ポタ麿 - 2012年09月13日 01:42:38

ぽんたさん、こんばんは。

日本庭園はいつ見ても心がなごみます。

とくに岡山市街地のお寺に、こんなすばらしい庭園があるとは思ってもいなかったので、意外な発見に驚いています。

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。