スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪い釘伝説の残る寺(吉備中央町・円城寺)

ミステリースポット探訪
呪い釘伝説の残る寺(吉備中央町・円城寺)


 今回、訪れたのは岡山県のほぼ中央に位置する吉備中央町「円城寺(えんじょうじ)」、平成の大合併が行われる前までは加茂川町と呼ばれた地にある寺院だ。

P8141423.jpg

(本堂)
P8141416.jpg


 寺は霊亀元年(715年)行基(ぎょうき)菩薩によって開山された天台宗の名刹(めいさつ)で、鎌倉時代を中心に大変な繁栄を見せたという。

(阿弥陀堂)
P8141421.jpg

P8141407.jpg

P8141434.jpg

P8141420.jpg


 現在でも、当時の面影を残す境内の一角には、「提婆天(だいばてん)」を祀る社がある。

(提婆宮)
P8141413.jpg


 「提婆宮(だいばぐう)」と呼ばれるこの社では、年1回近隣から送られてきた古い人形の魂を供養する「人形供養」が行われているそうだ。

P8141435.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 しかしその一方で、提婆宮は別の一面をあわせ持つ。県内屈指の呪詛(じゅそ)の社としての顔だ。

P8141437.jpg


 いにしえより、「加茂の提婆は人をとる」といわれて畏れられ、寺域の古木に呪い釘を打つと提婆の使いである狐が相手に憑依(ひょうい)し、殺してしまうと伝えられている。

P8141441.jpg


 そして今でもその風習を、この深き山間にある寺社の闇にまぎれて行う者がいるという・・。

P8141440.jpg


 残念ながら、今回古い大木にその痕跡を見つけることはできなかった。

P8141403.jpg


 私が訪れたのは夕刻にさしかかるあたりであったが、陽が暮れる頃から神を祀る社では霊的なパワーが増大するといわれる。

P8141425.jpg


 まさにこの時間帯から深夜にかけて「提婆宮」は常人が近づいてはならない魔の領域へと変貌していく。

P8141426.jpg


 吉備高原の山ふところにたたずみ、昼と夜とではその表情が全く異なるこの場所は、もしかすると未知の世界との境界なのかもしれない。

P8141448.jpg

(地図)

大きな地図で見る

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。