スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(1)水の都、平和都市、そして故郷「広島」探訪 ~広島市~

2012ポタリングシリーズ(セカンドステージ1)
(1)水の都、平和都市、そして故郷「広島」探訪 ~広島市~


1.スタート JR横川駅

 今回の出発点は、JR山陽本線・可部(かべ)線が乗り入れる「横川(よこがわ)駅」です。

P7150921.jpg


 ここ横川駅の構内には、バスや路面電車が乗り入れており、JRと市内交通機関との乗り継ぎ駅として機能しています。

P7150912.jpg


 これは明治38年(1905年)2月5日、ここ横川に日本最初の乗合バスが誕生したことを記念して、駅構内に展示されている「レトロバス」のモニュメントです。
 日本で最初に生産された国産乗合バスは、エンジンこそは米国産であったものの、それ以外はすべて国産部品で作られたようです。そのためか、タイヤの生産が間に合わず、乗用車用のタイヤを使用して営業開始したとのことです。
 営業区間は横川~可部間の15kmで片道運賃24銭(馬車は15銭)、収容人員12人で運行されていました。しかしながら、当時の道路事情にバスの耐久性が間に合わず、わずか9カ月で営業を停止してしまったようです。
 このモニュメントは、そのチャレンジ精神をたたえるべく、当時の写真をもとに復元されました。
(現地案内板より)

Kxm07eQe8Da845v.jpg


 それでは、駅前道路を南へ向けて走っていきましょう。

P7150920.jpg


2.横川界隈

 まもなく見えてきたのは「横川橋」です。

P7150932.jpg


 広島は1級河川「太田川(おおたがわ)」河口のデルタ地帯に形成された人口117万人の都市です。街の中には太田川の分流である6本の川が流れ、市内には多くの橋が架けられています。「横川橋」は6本の流れの一つ「天満川(てんまがわ)」に架かる白い橋です。

(天満川)
P7150928.jpg


 この橋は1983年に架け替えられたものですが、それ以前はこのようなアーチ橋で、幼い頃この辺りに住んでいた私は、部屋の窓から見える、ひと際目立つこのアーチ橋を眺めていたことを憶えています。

P7150929.jpg


3.本川沿い

 横川橋を過ぎて、「天満川」と別れて南下する「本川(ほんかわ)」沿いを進むと、見えてきたのは緑色の「空鞘橋(そらざやばし)」です。「空鞘」とは珍しい名前ですが、近くにある神社境内の松に「からの鞘」がかかっていたという故事に由来するようです。この橋を対岸に渡ると、広島城が見えてきます。

P7150935.jpg


 「空鞘橋」を過ぎると屋形船が見えてきました。また、対岸に見える大きな緑の屋根は、ワールドカップバレーやコンサートなどが行われる「広島グリーンアリーナ」です。1994年に開催された「広島アジア大会」にあわせて整備された総合体育施設です。

P7150947.jpg


 「本川」をさらに南下していくと、今度は「相生橋(あいおいばし)」が見えてきました。

P7150952.jpg


 「相生橋」は市内の中心部に架かる橋で、交通量もかなり多いです。また、平和記念公園に接しているので、向こう側には「原爆ドーム」が見えています。

 P7150960.jpg


 それでは「相生橋」を渡り対岸へ行ってみましょう。その前に、橋上から川下を眺めてみました。

 P7150962.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

4.原爆ドーム

 対岸に渡ると、目の前には世界遺産「原爆ドーム」がそびえたちます。原爆投下時は「広島県産業奨励館(さんぎょうしょうれいかん)」と呼ばれ、この辺りでひときわ大きくモダンな建物であったと祖母に聞いたことがあります。そして原爆投下によって現在の姿になったのですが、その人類が引き起こした悲劇の歴史から、現在では「負の世界遺産」と認識されています。

P7150970.jpg


 1945年8月6日午前8時15分、ドームの上空、約580メートルの地点で原子爆弾は炸裂しました。

P7150975.jpg


 原爆ドーム付近から「相生橋」を眺めるとT字形をしているのがよくわかります。この形状の橋は全国的にも珍しく、原子爆弾投下の目標となったともいわれているようです。
 毎年8月6日の原爆忌夕刻には、水を求めて川で亡くなった方のために、この辺りで「とうろう流し」が行われます。

P7150968.jpg


5.旧広島市民球場

 原爆ドームから道をはさんだ目の前に、「旧広島市民球場」があります。言わずと知れた「広島東洋カープ」の元本拠地ですが、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム」が完成し、その役目を終えたため現在は解体中です。しかし、これはまだここに残っていました!!
 カープ優勝の記念碑です。左が日本一のもので、3回の優勝の歴史が刻まれています。一方、右はセントラルリーグ優勝のもので、6回の歴史が刻まれています。今世紀になって、まだ優勝がないのでファンとしては「もうそろそろ」と思っているのですが・・。

P7150978.jpg


 これは鉄人「衣笠祥雄(きぬがささちお)」の連続試合出場世界記録達成を記念するレリーフです。学生のころは、その凄さがわからなかったのですが、社会人となって久しい今になって思えば、休むことなく仕事をするなんて凄過ぎます・・。

P7150979.jpg


6.鯉城通りを南へ

 広島市の中心地である「紙屋町(かみやちょう)」から「鯉城(りじょう)通り」を南下していきましょう。

P7150983.jpg


 ここは「鯉城通り」を東西に横切る「平和大通り」です。通称100m道路と呼ばれる幅の広い道路で、1月には「都道府県対抗男子駅伝」、ゴールデンウィークには「フラワーフェスティバル」で賑わいます。

P7150985.jpg


7.鷹野橋

 そして辿りついたのは「鷹野橋(たかのばし)」です。

P7151009.jpg


 この辺りは江戸時代、広島藩主の鷹狩場であったようです。その頃はこの場所に橋があり「鷹の橋」とよばれていたようで、いまでもそれが地名として残っているのだそうです。

(橋のモニュメント)
P7150988.jpg


 これは「バタバタ石」です。「婆多婆多(バタバタ)」は江戸時代、この界隈に出現していた、バタバタとムシロを叩くような音をたてる正体不明の妖怪だそうです。一説では、小さな石に宿る妖精なのだとか・・。

P7150993.jpg


 鷹野橋にはアーケード街があり、いろいろな店が軒を並べています。そこで、しばしソフトクリームを食べて休憩します。

P7151002.jpg


 再び動きはじめて、商店街を向こう側に抜けてみると、そこには「元安川」に架かる真っ白な「明治橋」がありました。
 私は高校までを広島で生活したのですが、郊外に暮らしていたのであまり市街地をウロウロすることはありませんでした。しかし今、あらためて自転車で街中を移動してみると、確かに川と橋の多いことを実感するのでした。

この旅の続きはこちら → 「(2)水の都、平和都市、そして故郷「広島」探訪

P7151000.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - すずた - 2012年07月18日 20:56:52

水の都とは言いますが、ほんとうに川と橋が多いのですね。
あと、中国地方の人は当たり前に「てんまや」といい、東京の人は「てんまんや」と読む天満屋は、この天満橋がルーツなのでしょうか。
岡山が本社だったはずなので、考えてもいませんでした。

No title - tac-phen - 2012年07月19日 05:07:25

横川が乗り合いバスの発祥地と走りませんでした。

桜の時期に広島に来ましたが雨もありあまり回れませんでした。

バタバタ橋も面白そうです。

ポチリ。

Re: No title - ポタ麿 - 2012年07月20日 00:18:09

すずたさん、こんばんは!!

広島は川が多いので、街並みはなかなか面白いのですが、橋をむかえるたびに高低差が発生して市街地の割にはアップダウンが多いです。

それに比べ、岡山は平野部が広くフラットな道路が続くので、自転車的にはこちらのほうが乗りやすい地域です。

天満屋は岡山が本店で広島にも支店があるのですが、おそらく天満川との関連はないようです。

でも、岡山や広島にとっては天満と書くと「てんま」と読むのが普通なぐらいメジャーな百貨店なので、東京の方が別な読み方をされると聞いて面白いなあと思いました。


Re: No title - ポタ麿 - 2012年07月20日 00:25:02

tac-phenさん、こんばんは!!

春に広島に来られたのですね。

さすがに行動範囲が広いですね!!

私も広島が出身地ですが、故郷を飛び出して長いものですから、意外と新発見的なこともありました。

まだまだ面白いところがありそうな「広島」ですので、ぜひまた遊びにいらしてください。


トラックバック

URL :

ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。