スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.3 吉備路自転車道往復ポタリング(備中国分寺・総社駅・備中国総社宮)

プレシーズン・ポタ⑤
「吉備路自転車道往復ポタリング」第3回

(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示


12.備中国分寺(岡山県総社市上林)

 ここは、吉備路最大の見どころの一つといえる「備中国分寺」です。 

⑫国分寺7


 先の国分尼寺と同じく、天平13年(741年)聖武天皇の詔に基づき建立されました。
当時、都以外の地方国において、立派な建物は国庁と国分寺ぐらいのものだったとか・・。

⑫国分寺


 備中国分寺は南北朝時代に戦火により焼失し、一時廃寺となっていたのですが、江戸時代に再建されたようです。
これが本堂で、江戸時代の建物です。 

 ⑫国分寺3


 こちらは大師堂で、同じく江戸時代の建物のようです。

⑫国分寺2


 そして、ひときわ目立つこの建物が「五重塔」です。

⑫国分寺6


 これも創建は江戸時代ですが、国の重要文化財に指定されています。岡山県内唯一の五重塔で、高さは34.32mあり、江戸時代後期の建築様式を色濃く残しているとのことです。

⑫国分寺4

 
 ご覧ください、見る者に強烈な印象をあたえるこの鬼がわらを!!
そして、屋根を支える組み木の緻密さとその造形の美しさ・・。

⑫国分寺5


 さて、古都の風情をたっぷりと堪能したので、このあたりで国分寺をあとにしましょう。

⑫国分寺8

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

13.総社駅(岡山県総社市駅前一丁目)

 吉備路自転車道は日本の道100選に選ばれています。この記念碑が見えてくると自転車道はあと少しで、終点となる総社の市街地に入ります。

⑬総社


 ここが自転車道の終点であり、今回のポタリングの折り返し地点となる「総社駅」です。JR伯備線・吉備線、第三セクター井原鉄道井原線が入線します。

⑬総社2


 総社市は室町時代の水墨画家「雪舟」の生誕地です。駅前には、幼い「雪舟さん」がいました・・。

⑬総社3


14.備中国総社宮

 貴族の時代、各地方の長官である国司には、その国内の神社を巡拝する慣わしがありました。しかし、平安時代末期になると、このことがあまりにも不便であることから、国府の近くに国中の神を合祀した神社を造るようになります。
 ここ「備中国総社宮」は国内324社の神を合祀したもので、市名の由来にもなっています。
ここは拝殿です。写真の上方には、この辺りで盛んな「備中神楽」のお面が奉納されています。

⑭総社宮2


 雰囲気のある長い渡り廊下が印象的でした。

⑭総社宮


**あとがき**

 今回のポタリングは、強烈な向かい風に道中の見どころの多さも手伝い、当初の予定時間をかなりオーバーしてしまいました。折り返し地点に着いたのは、なんと16時過ぎ・・。(結構早く出発したのに・・)しかも夕方になると、かなり寒くなってきました。そこで吉備路にある温泉に立ち寄り、暗い夜道を一人帰途についたのでした・・。
 さて、行きの向かい風は、帰り道に一転して追い風となるのですが、向かいの苦しさに比べて意外とありがたみを感じないものです・・。結局、人は苦しい思い出の方が記憶に残りやすいのでしょうね。

⑮温泉
「吉備路温泉 国民宿舎サンロード吉備路」

前回のポタリング記事はこちら →  「岡山臨港鉄道廃線跡と児島湾締切堤防ポタリング第一回」)
(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示

☆今回のポタリングデータ

  日付:2012年3月24日
  距離:65.7km
  最高速度:39.7km/h
  平均速度:18.2km/h
  経過時間:5時間49分45秒
  消費カロリー:938kcal


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

NO.2 吉備路自転車道往復ポタリング(鯉喰神社・こうもり塚古墳・備中国分尼寺・旧山手村役場)

プレシーズン・ポタ⑤
「吉備路自転車道往復ポタリング」第2回

(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示


 前回にひきつづき、吉備路自転車道を西に向かいます。それにしても、この日は西風が強かった!!ペダルを漕いでも漕いでも前に進みません。ですが、僕は逆風に負けず前進するのみです・・。

7.惣爪(そうづめ)地区

 ①明治天皇惣爪御野立所(めいじてんのうそうづめおんのだてしょ)

 かつて明治天皇がこの地に来られたようです。

⑦明治天皇2


これが記念碑のようです。記念碑の背景について少し調べてみたのですが、ど~も2つの説があるようです。

(説1)明治11年に天皇が岡山に来られて、この地で休息をされた。
(説2)明治43年に天皇がこの地で軍事演習の観閲をされた。

これについては、またの機会に調べてみようと思います・・。

⑦明治天皇


 ②惣爪塔跡(国指定史跡)

 奈良時代前期、この場所には一大伽藍が営まれていたようで、これはその伽藍を形成していた塔の中心柱の礎石のようです。古来より、その形から「石の釜」とよばれています。

 ※伽藍:寺院の主要建物群の意。日本では本堂、山門、仏塔、講堂、食堂、鐘楼などが伽藍を構成する建物。(ウィキペディアより抜粋)

⑧惣爪


8.津寺休憩所

 さて、空から雨が落ちてきました・・。それに少し疲れも感じ始めたので、ここで休憩することにしました。

⑨鯉喰神社


9.鯉喰神社(こいくいじんじゃ)

 ここは鯉喰神社です。

⑨鯉喰神社2

 
 桃太郎伝説のモデルといわれている神話「吉備津彦命(きびつひこのみこと)による温羅(うら)(鬼)退治」の舞台となった場所にある神社です。

⑨鯉喰神社5


 この門をくぐって上に行くと・・ 

⑨鯉喰神社3


 拝殿がありました。小さな神社ですが、神話の舞台でもあり神秘的な雰囲気につつまれていました。

⑨鯉喰神社4


10.造山古墳(つくりやまこふん)と周辺古墳群

 鯉喰神社をあとにして、再び吉備路自転車道を西へ進みます。依然として西風は強いものの、空には青空がひろがってきました。天気が良くなってくると吉備路の素朴な美しさが目に映えます。 

⑩造山古墳群

 
 すると目の前に大きな山が見えてきました。しかも人工的な稜線に目がとまります。これは古代の前方後円墳「造山古墳」です。その大きさは県内随一、全国でも大仙陵古墳(伝仁徳天皇陵)や誉田御廟山古墳(伝応神天皇陵)などに次ぐ、第四位にランクされています。

⑩造山古墳群3


 古墳の足元では馬が放牧されていました。

⑩造山古墳群2


 吉備路のこの辺りには、大小たくさんの古墳が点在しているようです。

⑩造山古墳群4


 大きな山のように見えるものもあれば、このように小さくこんもりした丘のように見えるものもあります。

⑩造山古墳群5

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

11.こうもり塚古墳一帯


①こうもり塚古墳

 ここは「こうもり塚古墳」です。このあたりは多くの古墳群が点在する地域ですが、この古墳では内部の石室や石棺を見ることができます。

⑪こうもり塚古墳


 古墳内部に入っていきます。

⑪こうもり塚古墳2


 石室内に安置されている石棺です。

⑪こうもり塚古墳3


②備中国分尼寺跡

 天平13年(741年)聖武天皇により各国に国分尼寺の建立の詔が発せられ、それに基づいて建てられた備中国の国分尼寺跡です。いくつかの建築物の遺構をみることができます。

⑪こうもり塚古墳5


③旧山手村役場

 旧山手村役場として使用されていた建物をこの地に移築したようです。なお、現在山手村は合併して総社市の一部になっています。

⑪こうもり塚古墳9


 この建物のまわりには、梅林や池があり、きれいに整備されています。

⑪こうもり塚古墳8


④旧松井家住宅

 江戸時代に山陽道に店を構えていた「茶屋」を移築したもののようです。八兵衛の好きなアレですね・・。

⑪こうもり塚古墳10


⑤池のほとり

 旧山手村役場前の池がきれいに整備されているので、ここを周遊してみることにしました。すると古井戸跡を発見、「松井の井戸」だそうです。

⑪こうもり塚古墳12


 さらに進むと「地神様」が・・。素朴な風景です。

⑪こうもり塚古墳14


 池の向こう側から、旧山手村役場と梅林を撮ってみました。

⑪こうもり塚古墳13


 「こうもり塚古墳」、「備中国分尼寺」、「旧山手村役場」及び「旧松井家住宅」は、ひとまとまりとなっており、回遊性があってオススメ観光スポットです。しかもそれぞれが小路でつながれており、道中には菜の花畑や梅林などを見ることができ景色も存分に楽しめます。

⑪こうもり塚古墳4


 さあ、道の向こうに吉備路のランドマークともいえる塔が見えてきました。次はあそこを目指してみましょうか・・。

⑪こうもり塚古墳15

この旅の続きはこちら →  「吉備路自転車道ポタリング第三回」) 
(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

吉備路自転車道往復ポタリング(鼻ぐり塚、吉備の中山、普賢院)

プレシーズン・ポタ⑤
「吉備路自転車道往復ポタリング」


1.スタート(岡山市北区表町)

 今回のスタートは「岡山シンフォニーホール」です。岡山市中心部にあるクラシックコンサートなどが開かれる音響設備に優れたホールです。

①スタート


2.岡山県総合グランド(岡山市北区いずみ町)

 ここは岡山県総合グランドです。一般的に岡山市民からは「運動公園」と呼ばれており、園内には陸上競技場(兼サッカー場)、体育館、武道館、野球場、テニスコート、緑地公園等が整備されており、市民のレクレーションの拠点となっています。

②運動公園


園内には津島遺跡があり、太古の住居が復元されています。

②運動公園2


 ココは今日ポタリングを行う「吉備路自転車道」の起点となっており、これから岡山市の西に位置する総社市へむけて、この自転車道を利用して訪れてみたいと思います。

路③吉備


3.吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)界隈(岡山市北区一宮)

 この「吉備路自転車道」は数々の古墳群や寺院などを巡るかたちで整備されており、岡山地方の観光拠点の一つとなっています。そこで今回のポタリングでは、割と有名な観光名所は避けて、少しマイナーな、それでいて味のある場所を中心に訪問してみたいと思います。
 そんな意味合いも含めて、まずはこれを取り上げてみます・・。
これは備前国一宮「吉備津彦神社」の駐車場の隅で見つけた、岡山のヒーロー「桃太郎さん」です・・。なんとなく頼り甲斐のない表情が印象的です・・。

③吉備路2


4.鼻ぐり塚・福田海本部(ふくでんかいほんぶ)(岡山市北区吉備津)


 ここは鼻ぐり塚といい、食肉として、また田畑の耕作の労役として人間のために働いてくれた牛の供養を行う目的で、全国各地から鼻輪(鼻ぐり)を集めてお祀りしているところです。 

 ④鼻ぐり塚


 この塚には七百万を超える数の鼻輪が納められているそうです。

④鼻ぐり塚5


 牛の像です。花が供えられています。

④鼻ぐり塚7


 こちらは豚の像です。ここは牛をはじめとする畜類全ての供養を目的としています。

④鼻ぐり塚6

 
 僕がここに訪れた時は、人影もなく、ひっそりとしていて鎮魂のムードに包まれていました。「物質文明に酔いしれている私たち人類の日々の生活は、彼らの犠牲の上に成り立っている・・」ということを考えさせられ、それと同時に彼らに対して感謝の気持ちを抱かずにはいられませんでした。

④鼻ぐり塚9


 ここは中堂です。本施設の中心になる場所です。

④鼻ぐり塚2


 周りにはたくさんの石塔が建っています。

④鼻ぐり塚4


 燈明堂です。比叡山より送られた「不滅の燈明」が奉祀されている建物です。

④鼻ぐり塚10


 長床です。毎年一月に暦祭という行事がここで行われるそうです。

④鼻ぐり塚11


 今回、いろいろな思いがあって、あえてここを訪れてみました。ここは、人にとっても「生きる」という意味を考えさせられる場所です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5.吉備の中山

 鼻ぐり塚から吉備の中山に繋がる登山道を歩くことにしました。

⑤有木山5


 目指したのはここです。山の中腹にひっそりと佇む「藤原成親(ふじわらのなりちか)遺跡」。

⑤有木山


 安元3年(1177年)京都東山・鹿ヶ谷の山荘において、平家討伐の謀議を開いた罪で後白河法皇の側近が処罰されるという事件がおこりました。世に言う「鹿ヶ谷の陰謀(ししがたにのいんぼう)」です。
藤原成親は法皇の近臣の一人で、謀議に加わったとしてこの地に配流され、非業の死を遂げました。なお、成親は朝廷において正二位権大納言の高位に列せられていました。

⑤有木山2


 ここ吉備の中山には、自然があふれる散策道があります。そこで、しばし山中を散策することに・・。
(詳細情報:吉備の中山を守る会へのリンク

 そして見つけたのが「ダイボーの足跡」です。
これは大きなお坊さん(大坊(だいぼう))の足跡と言い伝え
られる窪地です。

⑤有木山8


 八畳岩磐座(はちじょういわいわくら)

 ここは、大和朝廷に対抗しうる勢力を持っていた吉備国が、神祭を行っていた場所だそうです。

⑤有木山3


 そして、またまた見つけました。今回はこれ「三角点」です。

⑤有木山6


 もちろん大切にしますっ!!

⑤有木山7


6.青龍山 金剛寺 普賢院(岡山市北区吉備津)


 吉備の中山を降りて、やや西にいくと、備中国一宮「吉備津神社」があります。その神社の門前町で立派な門を持つ寺院を見つけました。

 ⑥普賢院


 こちらが本堂です。

⑥普賢院2


 そして吉備路自転車道は、史跡が集まるクライマックスに向け、さらに続いていくのでした。
つづく・・。

⑥普賢院3

 (この旅の続きはこちら 「吉備路自転車道ポタリング第二回」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NO.3 岡山臨港鉄道廃線跡と児島湾締切堤防探訪ポタリング

プレシーズン・ポタ④
「岡山臨港鉄道廃線跡と児島湾締切堤防探訪ポタリング」 第3回(全3回)

(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示


11.児島湾締切堤防

 児島湾締切堤防は、湾の一角を締め切ることによって淡水湖を造り、岡山市域の南部にひろがる干拓地の利水と、この地を水害から守るために造営されました。工事は昭和25年から昭和36年まで及んだそうです。
 これから、この締切堤防に赴いてみようと思います。

⑫締切堤防6


 岡山市中央卸売市場から少し南下していくと、児島湾締切堤防が見えてきました。
 
⑫締切堤防


 締切堤防の上は道路が整備されており、岡山市街地と対岸の児島半島の重要な通行道となっています。しかも、堤上には自転車道も整備されていました。この道を南下していきます。

⑫締切堤防2


 締切堤防を見下す場所にきました。写真左側が淡水の児島湖、右側が海水の児島湾です。なお、児島湖は人造湖としては世界第二位の大きさだそうです。

⑫締切堤防4


 ここには昭和天皇と香淳皇后も来られたようです。それにまつわる記念碑が建てられていました。

⑫締切堤防3


 児島湾内を淡水と海水に分かつ水門ゲートです。人知と自然が最後にぶつかりあった場所です。

⑫締切堤防5


 記念樹をバックに記念撮影です。

⑫締切堤防7


12.(こおり)の市街地(岡山市南区郡)

①郡の街並み

 ここは対岸の児島半島にある郡という地域です。

⑬郡6


 車で近辺を通ることはよくありましたが、街の中にまで入ったのは今回が初めてでした。

⑬郡7


 しかし、なかなか味のある街並みです。

⑬郡9


 このような小路もありました。

⑬郡8


 昔ながらの理髪店です。

⑬郡4


 古井戸のようです。

⑬郡5


 お地蔵様です。

⑬郡2


②郡総社宮

 ここは郡総社宮です。

⑬郡


 ここには岡山市の重要文化財「だんじり」が保管されているようでした。

⑬郡15


 こちらが本殿です。町内の小高い場所にありました。

⑬郡3


③三蔵院

 こちらは児島八十八ヶ所霊場 第78番札所 城淵山 東竜寺 三蔵院です。

⑬郡13


 小さいながらも、よく整えられた綺麗な境内でした。

⑬郡14

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

13.岡南大橋

 さて、ポタリングは郡で折り返し、再び岡山市街地を目指します。今度は児島湾締切堤防を北上し、いったん東へ。すると岡山市南部のランドマークともいえる「岡南大橋」が見えてきました。この橋は一級河川「旭川」の河口にかかる橋で岡山港湾地区の交通を円滑にする目的で架けられました。数年前までは有料橋だったのですが、現在は無料化しています。

⑮岡南大橋2


 橋のたもとにはこのようなオブジェが。これは「御座船」だそうで、備前藩主池田家が参勤交代の折に使用した船のようです。

⑮岡南大橋


14.旭川北上

 岡南大橋を渡り終えると、今度は旭川に沿ってひたすら北上します。

⑯旭川北上2


 が、その前に大好きな缶コーヒーでコーヒーブレイクです。

⑯旭川北上


 しばしの休憩を終えると、いざ北上作戦開始!!
まず岡南大橋の上流に架かる、国道2号線岡山バイパス「旭川大橋」のたもとで見つけたのは、ボートの係留場です。多くのボートが所狭しと繋がれています。

⑯旭川北上3


 ボート係留場付近で見つけた看板です。ゴルフの練習を禁止している割には、非常に気持ちよく打っている絵です・・。

⑯旭川北上4


 これはゴミのポイ捨てに効果があるとされる鳥居型注意書きです・・。

⑯旭川北上5


 そして、ようやく見えてきたのが「桜橋」です。これを渡り旭川の西岸へ。

⑯旭川北上6


15.清輝橋交差点

 そして出てきたのはココ、清輝橋交差点です。この交差点は岡山では割と有名な交差点です。それは交通量が多いこともありますが、なによりも五角形に張り巡らされた歩道橋が特徴的です。

⑰清輝橋4


 交差点北側には路面電車の終着駅があります。

⑰清輝橋2


 この歩道橋はなぜか、ずっとシャッターが閉まったままの隣のビルに繋がっています。ナゾです・・。

⑰清輝橋


 交差点の名前の由来となった「清輝橋」です。それにしてはひっそりとし過ぎです・・。

⑰清輝橋3


16.大学病院通り

 清輝橋交差点を過ぎると、そこは岡山大学病院の門前町となっています。ここには、食堂や医学書などを扱う本屋、郵便局、それからいわゆる門前薬局などが軒を並べています。

⑱医大通り


 昔からここで営業していると思われる雰囲気のある「模型屋」も・・。

⑱医大通り2


 ここが岡山大学病院の赤門です。歴史を感じさせてくれます・・。

⑱医大通り3


 そして、ようやくゴールの岡山市役所に帰って来ました。今回は市街地中心でしたが、それはそれでたくさんの発見がありました。なかでも、郡の街並みには少し驚きを感じました。普段何気なく通過する場所なのに、一歩奥に入ることで、あんなに趣のある風景が見つかるなんて思ってもみなかったからです。
 私たちの周りには、思いもよらない意外な場所に、まだまだ風情のある街並みが隠れているのでしょう。僕はこれからもポタリングでこのような風景を見つけていきたいと思います。

(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示



☆今回のポタリングデータ

  日付:2012年3月18日
  距離:41.1km
  最高速度:39.7km/h
  平均速度:18.0km/h
  経過時間:3時間52分48秒
  消費カロリー:607kcal

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NO.2  岡山臨港鉄道廃線跡と児島湾締切堤防探訪ポタリング

プレシーズン・ポタ④
「岡山臨港鉄道廃線跡と児島湾締切堤防探訪ポタリング」 第2回(全3回)

(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示


6.岡南福田駅の先

 突如として行く手を遮るパチンコ屋、しかし鉄道廃線跡を追って、一本西側の道をゆくことに・・。  

⑦福田→藤田


 これが迂回路、廃線跡を見失わないようにルートをイメージして走ります。

⑦福田→藤田2


7.並木町駅付近

 並木町駅はこの近くにあったようですが、はっきりした場所は分かりませんでした。この写真は付近にあった廃ショッピングセンターです。

⑧岡南藤田駅付近
 
 
8.岡南元町駅(こうなんもとまちえき)付近

 ここは㈱岡山臨港の本社です。当時使用されていた青い汽車が、静態保存されていました。このあたりに旅客輸送の終点駅である岡南元町駅があったようです。 

⑨岡南元町駅付近


 この先は、貨物輸送のみに使用された区間が、終点岡山港まで続いていたはずです。その廃線跡を求めて、本社の西側に沿った道を勇んで進みます。

⑨岡南元町駅付近2


 しかし、程なく行くと「関係者以外立入禁止」の看板が・・。ここから先は㈱岡山臨港の倉庫の敷地となっていました。
  
 ⑨岡南元町駅付近3
 

 そこで、この先の手掛かりを探すために、付近を探索すると・・。
このような水路が工場敷地に向かって伸びているのを発見。事前にHPで調べておいた鉄道ルートに、水路の流れがほぼ一致することから、今度はこれを追って進みます。

⑨岡南元町駅4

 
 水路が伸びる先は、岡山市最南端の岡南工業地帯です。

⑩岡山港


 ここは、工業地帯を縦断する広大な道路。工場敷地内は立ち入り禁止のため、この道路に沿って水路の先が確認できるところを探してみました。

⑩岡山港6

 
 その結果、なんとか確認できたのはこのあたりです。しかし僕にはここが限界でした。いかに言っても、運行がなされていた当時を知らないため、これ以上の探索ができなくなったのです・・。
ですが、ここまで楽しく廃線探訪ができたことには、大変満足しています。雨も降らなかったし・・。

⑩岡山港9


9.岡山港

 ここが工業地帯のほぼ最南端、岡山港付近です。このあたりは、立ち入り禁止区域が多いのですが、ここには一般人も入れるようです。おそらくこの付近に岡山港駅(終着駅)があったのでしょう。

⑩岡山港3


 これは岡山港でみつけた看板です。「ポイ捨てはダメよ」の部分だけが女性言葉なのが笑えます・・。

⑩岡山港5


 これは岡山港と工業地区の間あたりでみつけたバス停です。「北浦渡船場」工業地帯にあるにしては、何か古めかしい名前です・・。

⑩岡山港8

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

10.岡山市中央卸売市場(岡山市南区市場)

 さて、ここからは廃線跡巡りからはなれて、次の目的地に行こうと思うのですが、ちょうどお腹がすいてきたので、近くにある岡山市中央卸売市場へ立ち寄ってみることにしました。

⑪市場10


 一般人が入構できるのはココ。「ふくふく通り」

⑪市場11


 卸売市場を利用する業者さんなどが主に利用する商業施設で、それを一般の人にも開放しています。

⑪市場12

 
 卸商店や食堂などが軒を並べます。

⑪市場8


 今回食事をしたのはココ、「大名庵」さんです。

⑪市場13


 食べたのは「名物 海鮮丼」です。中央卸売市場という地の利を活かしエビ、イカ、マグロ、ホタテ、シャコなどをのせた海の幸たっぷりの贅沢どんぶりでした!!

⑪市場14


 つづいて、アフターのデザートを食べるべく「蒜山ジャージーカフェ うどん虎」さんへ。そして食べたのはこれ!!「アイスシュークリーム」です。シュークリームのころもの中にジャージー牛のソフトクリームが入っています。なお、ころもの部分はシェフの手作りのようで、このメニューはここでしか食べられないそうです。

⑪市場5


 ちなみにシェフの後ろ姿です。いかにもの帽子がかっこいい!!

⑪市場3


 こちらが青果や生鮮食品のセリなどを行う建物だそうです。一般人は立ち入り禁止!!

⑪市場6

 
 これは卸売市場内で見つけた注意書き。さすが卸売市場、衛生第一です!!

⑪市場9


さあ、この後は「児島湾締切堤防」に向けてポタリングしようと思いますが、今日はこのあたりで・・。

この旅の続きはこちら →  「岡山臨港鉄道廃線跡と児島湾締切堤防ポタリング第三回」)
(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NO.1  岡山臨港鉄道廃線と児島湾締切堤防探訪ポタリング

プレシーズン・ポタ④
「岡山臨港鉄道廃線跡と児島湾締切堤防探訪ポタリング」 第1回(全3回)


1.スタート・岡山市役所(岡山市北区大供)

 今回のスタート地点は岡山市役所です。空模様が少しあやしい・・雨だけは勘弁してほしいところです。

①岡山市役所


 岡山市役所のすぐそばで発見した「たばこの吸い殻入れ」です。レトロでなつかしい形状をしています。

①市役所2


2.JR大元駅(岡山市北区大元駅前)

 JR瀬戸大橋線の大元駅です。岡山駅から坂出・児島方面へ、ひとつ隣の駅です。

②大元駅2


 今回のポタリングの前半部分は、かつて存在した「.岡山臨港鉄道(おかやまりんこうてつどう)」の廃線跡をたどってみます。
岡山臨港鉄道は、岡山市の大元駅と岡山港駅を結んでいた鉄道路線で、1951年(昭和26年)8月1日から1984年(昭和59年)12月30日までの約34年間運行していました。運営会社は岡山臨港鐵道(株)で、貨物を主体に旅客輸送も担っていました。非電化車両の営業距離は8.1km、累計輸送実績は貨物564万トン、旅客1,262万人だったそうです。

 JR大元駅に隣接するこの辺りに、臨港鉄道の大元駅があったと思われます。それでは、ここを起点として、しばらく「臨港鉄道の旅」に出てみましょう。

②大元駅3


 廃線跡は綺麗に整備されていますが、このようなトラップも多いので要注意です!!

②大元駅4


 よく整備された舗装道路を少し進むと、ここから「臨港グリーンアベニュー」という公園になっています。

③アクアアベニュー


 「臨港グリーンアベニュー」は臨港鉄道廃線跡を利用し、植樹をするなど整備をして、市民の憩いの場所になっています。この後、廃線跡はしばらく公園区間が続きます。

③アクアアベニュー4


 途中、大通りを立体交差するための陸橋があります。

③アクアアベニュー5

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3.岡南新保駅(こうなんしんぼえき)付近

 しばらく走っていると、プラットフォームが見えてきました。

③アクアアベニュー6


 岡南新保駅です。案内板には「しんぼう」となっていますが、これは近年作られたもので、本来は「こうなんしんぼ」のようです。ちなみに岡南とは岡山市域の南部を表す俗称です。

③アクアアベニュー7


 このあたりには、鉄道に関するモニュメントがちらほら・・。

③アクアアベニュー9


 これは廃レールを利用したモニュメント。

③アクアアベニュー11


 これはギミックが施されているようです。

③アクアアベニュー8


 このような親水ブロックを過ぎると・・。

 ③アクアアベニュー12


 公園の区域は終了です。ここから先、廃線跡は一般道路の一部となります。

③アクアアベニュー13


4.岡南泉田駅(こうなんいずみだえき)付近
 
 スズキの看板の前あたり、ここはかつて「岡南泉田駅」だったようです。

④岡南泉田駅付近


 こちらは貨物用の施設だったとのこと・・。

④岡南泉田駅付近2


 岡南泉田駅を過ぎて走っていると、左手に「岡山芳泉高校」が見えてきました。すると、廃線跡はまた公園のように整備された区間となります。

⑤岡山芳泉高校付近


 これは、この辺りで見つけた珍しい形の高圧電線用鉄塔です。樹木があって見えにくいですが、塔の下方に左右両方へのびた腕のような出っ張りがあります。まるでこれは「太陽の塔の骨格」みたいです。

⑤岡山芳泉高校付近2


 さらに廃線跡を追って、セメント工場の横を過ぎていきます。

⑤岡山芳泉高校付近4


5.岡南福田駅(こうなんふくだえき)付近

 現在、(株)岡山臨港(前進:岡山臨港鐵道(株))の倉庫となっているところが岡南福田駅です。

⑥岡南福田駅付近

 
 岡南福田駅を過ぎると、しばらく直線道路が続きます。このまっすぐな直線は、ここに鉄道路線があったことを如実に表しているといえます。

⑥岡南福田駅付近2


 しかし、突如として廃線跡を遮るパチンコ屋が出現!!はたしてこの旅に終着駅はあるのか・・。  つづく


⑦福田→藤田

この旅の続きはこちら →  「岡山臨港鉄道廃線跡と児島湾締切堤防ポタリング第二回」)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

薩摩琵琶鑑賞

 今日はポタリングの日だったのですが、天気が思わしくないため予定を変更して倉敷へ行ってきました。

かさ


 そして目指したのがココ、「倉敷市芸文館」です。

倉敷市芸文館


 3月17日(土)、18日(日)の二日間、芸文館のある倉敷美観地区を会場として「第26回倉敷音楽祭 倉敷-南九州(熊本、宮崎、鹿児島)交流」が行われています。

音楽祭


 そして、そのイベントのひとつ「薩摩琵琶の独演会」を鑑賞するためにやってきました。(演者の島津義秀氏は薩摩藩主島津家直系の子孫だそうです・・。)
 僕は去年ぐらいから琵琶に興味を持ち始め、平家物語を中心にCDを購入し、車などで聴いています。そこでかねてより、生演奏を聴いてみたいと思っていた折、今回のイベントを見つけたのです。

薩摩琵琶


 入場料は無料なので、開演90分前から入場整理券の配布が行われたのですが、かなりの人が集まっていました・・。・。

行列


 琵琶には薩摩琵琶を含め、平家琵琶や筑前琵琶など、いくつかの種類がありますが、薩摩琵琶は明治維新を成し遂げた勇猛な薩摩武士の「たしなみ」として発展してきた背景から、勇壮な歌と演奏に定評があるようです。

特に右手に持つ「ばち」で弦をはじくだけではなく、琵琶の本体(琵琶で最もふくらみのある部分)を叩きながら音を出す技法は、大変珍しいものに感じました。

演者の方が言われていましたが、四つ弦がある薩摩琵琶は5つの音を奏でるところに特徴があるのだそうです。
つまり、4本の弦とボディーによる5音です。

薩摩琵琶は弦楽器でもあり打楽器でもあるそう・・。

薩摩琵琶2


 迫力の琵琶独演会が終わって外へ出てみると、南九州(熊本、宮崎、鹿児島)と地元倉敷の特産品などが食べられる屋台村があったので、そちらの方へ行ってみました。

屋台村1


 そして食べたのがコレ、さっぱりとした食感でいくらでも食べられそうな、倉敷・下津井の「海鮮焼きちゃんぽん」

屋台村3


 それとコレ、あっさり味の中に甘みが宿る、鹿児島の「さつま若どりころころ焼き」

屋台村2

 今日は南九州と倉敷を十分堪能して、耳もお腹も満腹で家路についたのでした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

KING再び!!

かつてレポートした百獣の王が、再び僕の前に姿を見せました。

king9.jpg


今回は玉座にすわり、配下の者を従えての登場です!!

king7.jpg


これがKINGの帝国です。

king8.jpg



せっかくの再会なので、できるだけ最接近してみました。ど~ですか、威厳のあるこの姿。

king2.jpg


意外と可愛いしぐさもします・・。

king6.jpg


横から見るとこんな感じ。たてがみ部分がよく見えます。

king4.jpg


おっと、これ以上はダメとばかりにご退出されました。
king5.jpg


また、インタビューさせてください・・。

king3.jpg 

(その後のKINGはこちら → KINGの憂鬱・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

プレシーズン・ポタ「岡山東部地区(瀬戸町)ポタリング」・第3回(全3回)

プレシーズン・ポタ「岡山東部地区(瀬戸町)ポタリング」・第3回(全3回)  ~ 旧山陽道を西へ ~

(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示


14.旧山陽道

①岡山市東区草ケ部

 この辺りは、一面が田園地帯です。

 ⑫旧山陽道・草ケ部3

 ビニールハウスの中では、岡山名産のマスカットなどが栽培されているようです。

⑫旧山陽道・草ケ部2

 そこで見つけたのが、この記念碑。「廣田盛正翁顕彰碑」です。廣田盛正翁はこの地に生まれた人で、ぶどうの新品種「ネオマスカット」や「ヒロハンブルク」などの育種に尽力された方だそうです。今のフルーツ王国おかやまを作り上げた人の1人ともいえますね。

⑫旧山陽道・草ケ部4

②青津八幡宮(岡山市東区沼)

 ここでまたまた、参道に線路が横切っている神社を発見しました。前回はローカル線の津山線でしたが、今回はなんと山陽新幹線です。

⑬旧山陽道・東区沼(青津八幡宮)1

 このトンネルで山陽新幹線と立体交差します。

⑬旧山陽道(青津神社)2

 トンネルを抜けると、左に上る階段が・・。

⑬旧山陽道(青津神社)3

 この階段を上がりきり、左側をみると新幹線高架上のレールを真近に見ることができます。なかなかの迫力!!

⑬旧山陽道(青津神社)6

 そしてその反対側は、またしても階段が・・。ここを上がりきったところに本殿がありました。

⑬旧山陽道(青津神社)5

③薬王山 高福寺 医光院(岡山市東区上道)

 上道界隈にくると、旧山陽道は直線道路に。

⑭旧山陽道(直線道路)

 すると、進行方向右側の小高いところに、落ち着いた趣の寺院が見えてきました。決して大きな境内ではありませんが、この折り返したようなつくりの階段が奥行きを感じさせます。

⑭旧山陽道(お寺)3

 階段を登りきったところで、お手水を受けていた時、「ここ最近ずいぶん、あたたかくなりましたねぇ」と、このお寺のご住職がお声をかけてくださいました。そこで今日はサイクリングをしていることや、その道中この寺院の趣に魅かれて立ち寄ったこと、ご住職が最近、横浜からこのお寺に来られたことなどをお話しました。
 それから、ご住職はご親切に本堂の中を見せてくださり、仏像のことなどを丁寧に説明して下さいました。下の写真が本堂です。

⑭旧山陽道(お寺)4

 本堂から上道の街並みを見渡すと、こんな感じです。帰る間際、ご住職は桜の時期、この辺りはとてもきれいだから、よかったらまたおいでくださいと言ってくださいました。こういう人とのふれ合いは、ありがたいことです。

⑭旧山陽道(お寺)5

 お寺の界隈です。この小道の蛇行が、いい味をだしています。

⑭旧山陽道・上道(お寺)1

 雰囲気のある木があったので、自転車とのツーショットを撮ってみました!!

⑭旧山陽道(お寺)2

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

④岡山市東区藤井
 
 このあたりは、かつて宿場町であったようです。本陣などもあるようですが、僕はそれらを見つけることができませんでした。また、いつかゆっくりと散策したいと思っています・・。

⑮旧山陽道・藤井(街並み)

 旧山陽道ポタリングにおいては、ありし日の山陽道の「かけら」のようなものを探しながら自転車を漕いでいたのですが、今回見つけることができた当時の面影はこれでした・・。

 ⑮旧山陽道(新道)2

 幕末、尊王攘夷運動が激しくなる中、ここ岡山(備前藩)の山陽道でも、諸国の志士や浪人の往来が頻繁になり、藩は城下の警戒を強めていました。そこで対応に苦慮した備前藩はここから北へ山陽道を迂回させ、岡山城下の通行を回避することによって、城下で事件が発生するのを抑えようとしたようです。折しも幕府が近隣の長州征伐を実行しようとしていた時期でした。
 ここが北向きに造られた迂回路「新往来」です。

⑮旧山陽道・藤井(新道)1

⑤岡山市東区古都宿(こづじゅく)

 藤井の街並みをすこし西に行ったところに、このような碑がありました。「旧古都村役場」があったところのようです。

⑯旧山陽道(古都宿)5

 当地の地図では、このような位置関係です。

⑯旧山陽道(古都宿)4

 またまた見つけました、これ!!「水準点」です。今回もオリエンテーリング気分で楽しい・・。
もちろん、大切にしますっ!!

⑯旧山陽道(古都宿)1

 これが、「水準点」本体です。

⑯旧山陽道(古都宿)2

⑥JRの分岐地点(岡山市東区穴甘(しじかい)

 ここで、JR山陽本線は複線の山陽本線(写真左)と単線の赤穂線(写真右)に分かれます。

⑰旧山陽道(甘穴)1

⑦岡山市中区長岡

 道中、出くわした超巨大犬です。大きな犬というのは稀に見ることがありますが、この犬はその大きな犬というのを、さらにひと回り大きくしたようなサイズで、僕が見たなかでは過去最大級です。ちなみに、奥に見えるのが一般的な大きさの飼い犬です。
 名前は「ふーくん」だそうで、名前をよんでこちらを向いた瞬間にパチリ!!

⑱旧山陽道(東岡山駅)

⑧旧山陽道(岡山市市街地)

 ここは岡山市中区藤原付近、岡山市街地近郊の旧山陽道です。普通の住宅地の道路のようになってきました・・。

⑲旧山陽道・中区藤原(市街地近郊)

 岡山市中区原尾島付近、ようやく岡山市街地まで帰って来ました。

⑳旧山陽道・中区原尾島(市街地)

 岡山市中区古京。突然、普通の民家の外塀にこのような牛のオブジェが・・。

旧山陽道(古京)1

 ここは、以前にも取り上げた岡山市出身の小説家「内田百閒」の生家でした。今はその敷地内に普通の民家が建っているようです。

旧山陽道(古京)2


 さて、そうこうしているうちにゴールの岡山県庁が見えてきました。今日のポタリングはまもなく終了です。今回は、旧山陽道を通るという新しい趣向を取ることができました。こういった「いにしへのみち」を探訪するのもなかなか趣があっていいものです・・。最後に、親切に境内を案内してくださった医光院のご住職さん、ありがとうございました。

(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示

☆今回のポタリングデータ

  日付:2012年3月3日
  距離:52.3km
  最高速度:40.7km/h
  平均速度:19.7km/h
  経過時間:4時間53分46秒
  消費カロリー:698kcal



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

プレシーズン・ポタ「岡山東部地区(瀬戸町)ポタリング」・第2回(全3回)

プレシーズン・ポタ「岡山東部地区(瀬戸町)ポタリング」・第2回(全3回)

(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示


8.宗堂桜(そうどうざくら)(岡山市東区瀬戸町宗堂地区)

 宗堂桜(岡山県指定天然記念物)は、八重桜の一種で、内側の花弁が外側のものに対し、反対側にカールしているため、こぶりながらも花弁が膨らみ立派な花に見えるそうです。

⑧宗堂桜2

 この宗堂桜には、こんな悲しい物語が伝わっています。
寛永年間(1624-1640)、この場所にあった宗堂山 妙泉寺の住職は寺の参道に数十本の八重桜を植えていました。そしてその桜が綺麗に咲き誇った春の日に、住職は法難によって桜並木の前で殉教し、それ以来、主の死を悼んだ桜は、花弁の一部を内に巻き込み完全に開ききらなくなった・・というお話です。(「岡山自然百選」より)

⑧宗堂桜4

 ちなみに桜は、まだまだつぼみの段階でした・・。4月中旬にはここで「さくらまつり」が開かれるみたいです。

⑧宗堂桜3

 これは、宗堂桜のすぐ隣にあった「素戔嗚尊神社(すさのおじんじゃ)」です。手前のサークルは蛇腹のパイプみたいなもの(洗濯機の排水パイプみたいなやつです・・)で作られていました。土俵でしょうか?

⑧スサノオ神社

9.キリンビール岡山工場(岡山市東区瀬戸町万富)

 今回目的地にさだめた「キリンビール岡山工場」がはるか向こうに見えてきました。この辺りだったでしょうか、反対側車線をゆく1人のサイクリストとすれ違いました。その人はさわやかに手をあげて挨拶をしてくれました!!(僕も会釈でかえしました・・)
年齢的には50代ぐらいの方でしょうか。背が高くてスラッとしたライダーでしたが、なによりも手を挙げた時の所作がかっこよかったです。。

⑨キリンビール1

 目的地がさらに近づいてきました。

⑨キリンビール2

 ようやく工場に到着しました!!どうですか~、この巨大なプラント・・。

⑨キリンビール3

 広~い構内・・。

⑨キリンビール5

 ビール工場でよく見るといえば、ビールケースがうず高く積み上げられたこの光景

⑨キリンビール4

 特にこの牛乳瓶みたいなタンクが気になりました・・。

⑨キリンビール6

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

10.JR.万富駅(まんとみえき)

 ここはキリンビール岡山工場の最寄り駅、JR山陽本線「万富駅」です。さて行程の約半分に至り、とて~も疲れましたので、しばしここで休憩です・・。

⑩万富駅1

 ふと駅構内の脇を見れば、敷地内併設のタクシー会社の名は「キリンタクシー」。さすが企業城下町・・。さて、休憩が終わると岡山市内へむけての帰路に立つこととしましょう。

⑩キリンタクシー


11.JR瀬戸駅
 反転し、進路を西にとって最初に立ち寄ったのはココ。
JR山陽本線万富駅西隣の「瀬戸駅」です。瀬戸町の中心街にあります。

⑪瀬戸駅1

 その駅前に大正ロマンな橋の欄干を発見!!.馬渡橋(まわたりばし)だそうです。

⑪瀬戸駅2

 ここ瀬戸町は、もともと平成の大合併によって岡山市に編入された地域です。2007年1月までは町制を敷いていたこともあって、岡山市内とは独立した街並みを形成しています。これは駅前通り。

⑪瀬戸駅3

12.瀬戸町市街地の建築物あれこれ
 
 ①写真館
  ピンク色の外観とショーウインドゥが印象的な写真館。  
  
⑪瀬戸町界隈5


 ②歯科医院
  一方、こちらは和風な門構えの歯科医院。

⑪瀬戸町界隈4

 ③BARBER(理髪店)
  店の看板が特徴的な理髪店。

⑪瀬戸町界隈3

 ④マリン・カフェ
  内陸部に位置する、ここ瀬戸町でひときわ目を引く海洋風建築物。建物にかかっている救命用浮き輪がなんともいい味を出している・・。

⑪瀬戸町界隈

  隣はダイビングスクールとマリンショップのようで、屋上にはプレジャーボートが!!
 「海の見えないマリンショップ」というコピーが、この状況を的確に表現していてすばらしい!!

2.ボート

2.キャッチコピー


13.旧山陽道入口
 そして、岡山市街地へは旧山陽道を通って戻ることとしました。

⑪旧山陽道(瀬戸)

この旅の続きはこちら → (3)岡山県東部地区ポタリング
(この旅をはじめから表示する場合はこちら → はじめから表示

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

プレシーズン・ポタ「岡山東部地区(瀬戸町)ポタリング」・第1回(全3回)

プレシーズン・ポタ「岡山東部地区(瀬戸町)ポタリング」・第1回(全3回)

1.スタート

 今回も岡山県庁(岡山市北区内山下)がスタート地点です。

①岡山県庁


 今まで気がつかなかったのですが、県庁のすぐ脇を流れる旭川の河岸に、味のあるレンガ造りの建物発見!!
国土交通省の「相生橋水位観測所」だそうです。外国の城のようなつくりです。

①県庁界隈

 空を見上げれば、宣伝用の飛行船がポッカリと浮かんでいました。まるで本日のポタリングの開会セレモニーのようです。

①飛行船


2.点字ブロック(岡山市中区原尾島)

 ここは点字ブロック発祥の地だそうです。

②点字ブロック2

 はじめて点字ブロックが設置された交差点と現在の点字ブロック。

②点字ブロック3


3.JR東岡山駅(岡山市中区土田)

 岡山駅から東方面へ3つ目の山陽本線の駅。ここで、しばし休憩・・。スタートしてから30分経過、この日はとてもあたたかかったので、インナーに着ていた服を1枚脱ぐとともに、大好きな缶コーヒーを1杯・・。

③東岡山駅1

 駅前は近年、区画整備をされて綺麗なロータリーになりました。

③東岡山駅2


4.峠越え(岡山市東区瀬戸町宿奥)
 
 写真右手に見える山を越えていきます。今までは、平地ばかりをポタリングしてきましたので、ここが初めての峠越えとなります。

④峠越え1

 のぼりが続きます。2番目に軽いギアで地道に登って行きます。

④峠越え2

 そしてここが峠のてっぺんです。ここからはしばしのダウンヒル!!とても心地よしっ!!

峠越え

 この辺りの平地は田畑が多いため、小高い峠の中腹には農業用のため池がいくつか見られました。

④農業用ため池1

 その中に異常なため池発見!!まるで別府の「血の池地獄」です。

④農業用ため池2

 一面が真っ赤なため池に近寄って原因を探ってみると・・

 このような赤い水草が大繁殖していました。しかし、けっこうな光景です。

④農業用ため池3

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5.環太平洋大学(岡山市東区瀬戸町観音寺)
 
 峠をこえると近代的な建物群が目に飛び込んできました。環太平洋大学です。

 教育系学部や体育学部などがあり、特色のある教育を行っています。柔道の分野ではオリンピック金メダリストの古賀稔彦氏をコーチングスタッフにむかえているようです。

⑤環太平洋大学


6.リトロボ(岡山市東区瀬戸町)

 本日の昼食はここで頂くことに・・。

⑥リトロボ1

 赤磐警察署目の前、パスタ専門店「リトロボ」さん。

⑥リトロボ2

 店内はスッキリとしたデザインで、カウンター席とテーブル席、それから2人掛けソファ席がありました。
ソファ席はカップル用ですかね・・。ちなみに、レストラン部分の隣にはダーツ用の部屋が併設していました。

⑥リトロボ3

 今回オーダーしたのはこれっ。「本日のランチセット・いか明太子パスタ(大盛り)」、980円。
大盛りは無料で選択でき、男性でも十分納得できるだけの量があるのが魅力!!しかもこのボリュームで980円はとても経済的です。やはり、近くに体育系の大学があるからでしょうな・・。味もなかなかGOODでしたよ。

⑥リトロボ4

 ラストはデザートとブレンドコーヒー。ブレンドコーヒーはいつも、クリーム・砂糖をふんだんに投入して飲みます・・。

⑥リトロボ5

7.東区瀬戸町その他

 東区瀬戸町万富というところには、キリンビール岡山工場があります。ですから、この地域の経済はキリンビールへの依存度も高く、まさに企業城下町です。そこで、瀬戸町中心街から万富地区に至るメイン道路の脇には、街路灯として「キリンビール」の提灯ランプが延々と続きます。しかも、デザインがとても昭和チック・・。

⑦キリンビール外灯

 同じく、このメイン通りに「巨大な消火器」が・・。これは元消防署だった建物の敷地内に置いてありました。しかし、消防署自体が移転したのか無人状態だったので、この巨大消火器はすでに廃墟なのかもしれません。

⑦巨大な消火器

 このメイン通りを、一本奥に入った小道沿いに、歴史がありそうな「なまこ壁の蔵」を発見しました。

⑧味のある蔵

この旅の続きはこちら → (2)岡山県東部地区ポタリング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです
最新記事
カテゴリ
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。