スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(後編)神秘!!岡山の山中で謎のストーンヘンジを見た。

水曜スペシャル! 川○浩探検隊シリーズ2
(後編)神秘!!岡山の山中で謎のストーンヘンジを見た。


岡山県倉敷市、その北東部の一角に不思議な巨石群の目撃情報がもたらされた。それはいくつかの巨石が円形状に並べられており、まるでストーンヘンジのようであったという。そこでわれわれはその情報の真偽を確かめるべく、現地へと向かった。




我々はようやく謎の巨石群の目撃情報があるとういう倉敷市の丘陵地にたどり着いた。しかし、目の前に展開する光景に目を疑わざるを得なかった。


いままで謎のベールにつつまれていたその丘陵地の上には家屋がぎっしり建ち並び完全に宅地化されている。このように現代文明に占有されている土地にとても謎の巨石群があるようには思えない・・・。
はたして目撃情報は本物であったのか。我々に一抹の不安がよぎる。
P9131043.jpg




とはいえ、ここで歩みを止めるわけにはいかない。我々は丘陵地内の小高い山に分け入る道を見つけそこから探索を開始した。
P9131022.jpg




アタックを開始してしばらくは登りが続く
P9131026.jpg




するとまもなく、我々を驚愕とさせるような光景が広がった。


これがもしかして「謎の巨石群か」


しかし、残念ながらそうではなかった。これは六世紀後半に造られたと言われる「赤井南古墳群」であった。我々の前に横たわるのは何の一部であろうか、長方形状にくっきりと石で仕切られた姿は石室のようにも見られる。
P9131029.jpg




だが、同時にこの古墳群のそばで「赤井堂屋敷」とよばれる寺院跡が見つかった。これだけのものが同じ場所で見つかったとなると、古くからこの辺りには強大な権力者がいたと考えられるのではないか!


だとすると、この近くに「謎の巨石群」が存在していても全く不思議ではない。
と同時に我々の中にあった不安が少しずつ期待に変わっていく!
P9131031.jpg




さらに我々は山中において石棺を見つけることに成功した。縦2m横1mくらいはあろうか、7枚の石を組み合わせた家形石棺である。
P9131024.jpg




石棺上部には滑落部分があり内部を窺い知ることができた。


このようなものがこの山中にあるとは・・・
そして我々の期待は確信に変わる!
P9131025.jpg




やがて探索を始めて60分、我々の前に不思議な光景が・・・。
P9131036.jpg




大きいものは4mくらいあろうか、それら大小十数個の石が円形に並べられ、天に向かって静かに立っている。その姿はまさしくイギリスにあるストーンヘンジのようである。
P9131037.jpg




物言わぬそれら巨石群が屹立する姿に我々は戦慄さえおぼえた。
P9131041.jpg




(~エンディングテーマ 「ロッキー・Going The Distance」にのせて~)
倉敷市の丘陵地に存在した謎の巨石群。
それは弥生時代後期に作られたであろう建造物であった。そしてその形状や配列などはまさにイギリスのストーンヘンジに酷似していた。


かつて、この地方には「吉備国」という強大な国が存在していたという。そしてこの国家は独自の文化をこの地で醸成した。
そのような中で、彼らがこのストーンヘンジを作り上げていったというのは紛れもない事実であろう。
本国版ストーンヘンジは太陽崇拝の建造物とも古代の天文台ともいわれている。で、あれば、この巨石群もまたそのような施設なのかもしれない。


しかし、その実態は未だ闇の中に包まれている・・・。

---------------------------------------------------
※このブログにおいて、現地に赴いたことは事実ですが、本編では随所に脚色がなされています。
 また、本編で取り上げた「日本版ストーンヘンジ」は倉敷市にある史跡「楯築遺跡」です。

※当ブログは演出上、文章表現等において、かつての名作「川口浩・探検隊シリーズ」を志向しておりますが、これは同作品をこよなく愛するゆえに、筆者がまじめに書き下ろしたものです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

Entry ⇒ 2014.10.02 | Category ⇒ ポタリングの記録Comments (0)Trackbacks (0)

(前編)神秘!!岡山の山中で謎のストーンヘンジを見た。

水曜スペシャル! 川○浩探検隊シリーズ2
(前編)神秘!!岡山の山中に謎のストーンヘンジを見た。


9月、突如として我々の元に奇妙な情報が寄せられた。それによると何者かが倉敷市の山中であきらかに人為的に並べられたであろうと思われる古代の巨石群を目撃したというのだ。さらに、これら巨石が天に向かって屹立した姿はあたかも日本のストーンヘンジのようであったという。
そこで我々はこの情報の真偽を確かめるべく岡山市内を出発し、謎の巨石群を目指したのである。(名ナレーター 田中信夫風ナレーションのつもり・・・)
(スタート 岡山県庁)
P9131001.jpg




岡山県庁を出発し、まずは岡山県総合グランドの中を通過する。ここ岡山は全国でも有数の古墳、遺跡の発掘地である。市内の中心部にほど近いこのような場所でも多くの遺跡が見つかっていることからもその事実がうかがい知れる。
(津島遺跡)
P9131004.jpg




暦は9月中旬にさしかかったが、残暑の厳しいこの日はまだまだ陽射しが強かった。そのため地面からの照り返しはまるで真夏のようにジリジリ暑い。
P9131005.jpg




そして、まず我々が進路にとったのは「吉備路自転車道」。この道沿いには
P9131008.jpg




備前一宮である「吉備津彦神社」や
P9131009.jpg




備中一宮「吉備津神社」などの由緒ある社が建ちならぶ。


吉備津彦神社及び吉備津神社の祭神である吉備津彦命はおとぎ話「桃太郎」のモデルとして知られている。これはこのあたりに古より伝わる鬼退治の伝説が残っていることと大きな関係を持っている。また、古代この地域には「吉備国」という国が存在し、一大文化圏を形成していたという。


このような土地柄を考えたとき、摩訶不思議とも思える「日本版ストーンヘンジ」が仮に存在していたとしてもなんら異論はないととらえることができる。
(吉備津神社)
P9131012.jpg




吉備津神社を過ぎると我々は吉備路自転車道を離れることになった。その道中、美しい松並木の中を走っていく。
P9131013.jpg




やがて旧山陽道に行き当たった。道ばたには一里塚が立っている。
(真金一里塚)
P9131017.jpg





どうやらこの辺りはかつて「板倉宿」という宿場町であったようだ。
P9131044.jpg




町なかにはこのような趣ある民家も見られる。
P9131047.jpg




我々は板倉宿をあとにしてさらに山陽道を西へ進む。
P9131019.jpg




すると我々の行く手に巨石群があると伝わる謎の丘陵が見えてきた。


はたしてこの丘に我々の目指すストーンヘンジがあるというのか!!
この続きは次週にて。
P9131043.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Entry ⇒ 2014.09.17 | Category ⇒ ポタリングの記録Comments (0)Trackbacks (0)

(最終回)智頭宿を歩く ~鳥取県・智頭町~

今回の旅は徒歩にて鳥取県山あいの宿場町「智頭」を散策しています。そして最終回の今回は、智頭宿に残る古い建物などを見てまわります。


智頭宿はかつての因幡街道沿いに発展した宿場町で、現在もこの街道を中心に古い建物を見ることができます。
そしてまずは、石谷家住宅の前に建つ「消防屯所」にむかいます。この建物は昭和16年に建築され、現在では国の有形文化財に登録されています。そして、立派なことに現在においてもまだ現役の建物なのだそうです。
P8300869.jpg




つづいて、こちらは「上塩や」。石谷家の分家です。ちなみに、前述の「塩屋出店」も同じく石谷家の分家だったそうです。
P8300911_201409092006133f7.jpg




こちらは伊藤家。立派な門構えと奥行きのある日本家屋が印象的です。こちらは石谷家住宅とは違い個人宅なので残念ながら見学不可となっています。
P8300908_20140909200615336.jpg




そしてこちらは「下町公民館」。大正3年に建てられた洋館はかつて役場として使われていました。こちらも現在は国の登録有形文化財となっています。
P8300923_201409092006119fe.jpg




さて、宿場町ならば本陣があるだろうと探して見つけたのがこちら「御本陣跡」です。現在は当時の建物などは残っていませんでしたが、
P8300942_20140909200609ae4.jpg




その跡地には近代洋風建築である「中町公民館」が建っていました。ちなみにこちらも国登録有形文化財です。
P8300944_201409092006077da.jpg




最後に智頭宿の外れにおもしろい神社があるというので行ってみることにします。
町の中心である石谷家住宅から歩くこと約20分、到着したのは「杉神社」です。
P8300899_201409092006307f6.jpg




ここは全国でも珍しい「杉の精霊」をお祀りする神社で敷地内には杉を模したような
モニュメント?(それともご神体?)が建っています。
これは写真で見るとそうでもないですが、約7~8mはあるでしょうか、かなり大きなものです。
しかし、さすがに「杉の精霊」をお祀りしている場所らしく、辺りは杉の大木に囲まれしんと静まりかえっています。何か生命のパワーを感じるような聖なる場所でありました。
P8300903_20140909200545d6a.jpg




さて、この場所からまだ奥に道が続いていますので、行ってみましょう。
P8300901_20140909200628b41.jpg




そして、その奥にあったのは滝です。この滝は「滝大明神」として祀られているものです。
流れはとても清らかで、山の奥にある涼を麓まで運んでくれているように辺りは涼やかです。町中からずいぶんと歩いてきましたが、それはもう来た甲斐があるという「杉神社」でした。
P8300905_2014090920054321a.jpg




今回は鳥取県の山あいにある「智頭」を歩きましたが、さすがにかつて江戸時代、宿場町として繁栄しただけあって、町に現在でも残る旧家の姿にその面影をみることができました。また、中国山地から切り出された木材は町の一大産業となっていて、木と智頭のつながりの深さは石谷家住宅の大柱や町中の玄関先にぶら下がる杉玉、それから杉神社などにみることができました。
鳥取県東南部、県境の町「智頭」はもの静かながらも、歴史と文化に根付いた町でした。

---------------------------------------------------
(参考文献)

①智頭町観光協会 他 発行「鳥取県智頭町」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Entry ⇒ 2014.09.10 | Category ⇒ ホントの雑談Comments (0)Trackbacks (0)

(第二回)智頭宿を歩く ~鳥取県・智頭町~

今回の旅は徒歩にて鳥取県山あいの宿場町「智頭」を散策しています。


そして訪れたのはこの町で最も見所があると言われる「石谷家住宅」です。
ここの主である石谷家は江戸時代には大庄屋、そして明治に入ると林業で名をはせた富豪の家でした。それでは大きな構えを誇る、この日本家屋の中に入ってみましょう。
P8300896.jpg




建物に入り玄関をくぐると、土間とそこから続く畳の間を含めた大きな空間に出てきました。
P8300875.jpg




そして天井を仰ぐと、吹き抜けとなった部分にどっしりとした梁が組まれているのが見られ、とてもダイナミックです。
この梁組の光景が石谷家住宅最大の見どころといっても言い過ぎではありませんが、これだけの立派な木材を集められるとは、さすが林業の町「智頭」だなぁと実感させられる一瞬です。
P8300873.jpg





また、襖を開けると日本家屋らしく次々と奥の間が続いており、建物の懐の深さを感じさせます。
ここは「家主の間」、一階の一番奥にある格式の高い部屋です。
P8300877.jpg




そして、私が最も驚いたのはこれ!
家の2階に橋が渡してあることです。一般家庭では当然見られないものですが、今まで見てきた旧家のなかでも初めてというような秀逸なものでした。
P8300881.jpg




石谷家はさすがに名家らしく、徳川家などからも賜り物がいくつかあったようです。
P8300882.jpg




また敷地の中には池泉庭園が造られています。向こうに見える江戸座敷から池を眺めると
P8300888.jpg




とても美しい光景です。
P8300892.jpg




その他、敷地内には住宅以外に多くの蔵が建てられています。現在それらの中ではたくさんの展示品が見られるようになっています。
P8300893.jpg




そして、蔵のそばには人力車が置かれていました。人力車が家にあるなんて、名家の証ですよね。
P8300894.jpg




石谷家住宅を後にすると、次は諏訪神社へ赴きます。
この諏訪神社は信州諏訪大社の分霊を勧請して建てられたもので、町の小高いところにあります。
P8300913.jpg




ここでは6年に一度、信州諏訪大社の例に準じて勇壮な「御柱祭」が行われています。
ここに訪れ祭りの賑やかさを想像してみるだけでも楽しいひとときです。


さて、次は宿場町の中をそぞろ歩いてみたいと思いますが、この続きは次回で。
P8300915.jpg

---------------------------------------------------
(参考文献)

①智頭町観光協会 他 発行「鳥取県智頭町」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




Entry ⇒ 2014.09.05 | Category ⇒ ホントの雑談Comments (0)Trackbacks (0)

(第一回)智頭宿を歩く ~鳥取県・智頭町~

今回、私は鳥取県の山間の町「智頭」に訪れました。ここ「智頭」の町は昔から因幡街道にひらけた宿場町として発展してきたところです。そして、今回はこの町で古き良き日本の原風景を探してみたいと思います。


今回の旅の出発点はJR智頭駅。駅の目の前には立派な観光案内所があり、ここでひととおりの資料をいただいて散策を開始します。
P8300839.jpg




歩き始めるとすぐに橋にさしかかりました。橋の下には小さな「土師川」が流れています。
P8300846.jpg




まもなく行くと、今度は商店街に入ってきました。かつてこの通りは「備前街道」と呼ばれており、現在では両側に商店がならぶ町の中心地区となっています。
P8300849.jpg




商店街を過ぎると、今度は大きな川を渡ります。これは中国山地を起点として智頭、鳥取市内を流れ最後は日本海にそそぐ一級河川「千代川」です。
P8300856.jpg




千代川を渡りしばらく行くと、趣のある旧家が並んでみえてきました。
しかも、このあたりではたくさんの人が集まっています。これはいったい何なのでしょう?


実は私が訪れたこの日は町のお祭りだったのです。だから至る所にお祭りの格好をした人たちがたくさん。


さて、写真右手に「塩屋出店」が見えています。これは明治30年頃に建てられたという建物で、現在は国の有形文化財に登録されています。
P8300860.jpg




塩屋出店の隣には「米原家住宅」が建っています。これは個人宅で中は非公開ですが、明治終わり頃の建築であり奥行きがあるスケールの大きな建物です。

米原家住宅を過ぎると備前街道は因幡街道と合流します。そして、古来の智頭宿はこの因幡街道に沿って発展していました。
P8300921.jpg




この因幡街道は別名「智頭往来」ともいいます。江戸時代、参勤交代に使われた道ということで通り沿いには現在でも古い町並みを見ることができます。
P8300918.jpg




また、通りの脇には中国山地から流れる水路が掘られており、夏場であっても心地よく感じられます。
P8300897.jpg




智頭の町を歩くと多くの家の玄関先で杉玉を見ることができます。ここ智頭の町中で杉玉がたくさん見られるのは、ここが林業、なかでも杉の一大産地であるからです。


それにしても、家によって大小さまざまです。
P8300926.jpg




なかには「ふくろう」をかたどったものまで・・・。
遊び心があってなかなかいいものです。
P8300865.jpg



さて、この先さらに魅力的な智頭の町を探検してみたいのですが、この続きは次回で・・・。

---------------------------------------------------
(参考文献)

①智頭町観光協会 他 発行「鳥取県智頭町」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Entry ⇒ 2014.09.02 | Category ⇒ ホントの雑談Comments (0)Trackbacks (0)

(最終回)県北、山あいの秘境駅をめざせ!! ~岡山県津山市(加茂町)~

 今回は岡山県の津山市にやってきました。そして津山から北へとのびるJR因美線の沿線をたどりながら、山あいにあるという秘境駅をめざしています。


 自転車は津山市中心部の北に位置する「加茂町」に入ってきました。
ここは周囲を山に囲まれた場所にあり、町の真ん中には中国山地で育まれた美しい川がそそいでいます。
P2010336.jpg



 鳥取県との県境でもあるこのあたりは、冬になるとかなりの積雪があります。
しかし、この日は不思議なほどの陽気・・・。集落には雪が見あたりません。
P2010335.jpg



 町の主要な産業は林業のようです。ですから、町なかにはこのような加工場がいくつか見られ、木材を削る音があたりに響いています。
P2010337.jpg



 そんな音を聞きながら辿り着いたのは「JR美作加茂駅」です。
この駅は、因美線では珍しい有人駅で、地域の中心的な駅となっているようです。
P2010338.jpg



 加茂の中心街はレトロでどことなく懐かしい感じがします。町の中を自転車で流せば、このような雰囲気のある交差点を見ることができます。
P2010341.jpg



 さて、加茂の中心街を通り過ぎて再び北上を開始しました。すると、先に進むにつれ少しずつ民家が少なくなってきます。
P2010347.jpg



 あたりを見まわすと、山にたくさんの杉が植林されているのがわかります。
P2010399.jpg



 また、途中ではきれいな川を見ることができました。
P2010351.jpg



 そして山の中に開けた道を進み、ようやく辿り着いたのは
P2010354.jpg



 「JR和知駅」、今回の目的地である県北の秘境駅です。
P2010357.jpg



 この知和駅は昭和6年に因美線「美作加茂-美作河井」間開通と同時に開業しました。
P2010358.jpg



 そして、その駅舎は今でもほぼ、当時の姿を残しているといいます。
P2010359.jpg



 時刻表をみると、列車は日に数本しかなく無人の駅ですが、
P2010362.jpg



 雰囲気のある改札を見ていると、あたかもここに駅員さんがいて、小気味よく切符を切っているような感じがしてきます。
P2010375.jpg



 また、きっぷ売り場とならぶ「小荷物預かり窓口」などをみると、客と駅員の生き生きとしたやりとりが目に浮かんでくるようです。
P2010360.jpg



 ホームに出てみました。
すると、ここにはまだ雪が残っています。そしてレールの向こうは山ばかり、このようにしてみると秘境というのもうなずける気がします。
P2010368.jpg



 知和駅の1日の平均乗車人数は9人だといいます。(2011年調べ)
P2010372.jpg



 人のいないホームや待合室、そして使われていない駅員室などを見ていると、これらが創り出す静けさもまた秘境感を演出しているのだということに気づかされます。
P2010377.jpg


 岡山の県北に存在する秘境駅「知和」。
そこは、目まぐるしく移り変わる現代社会とは別の時間軸を持った、山あいにたたずむ小さな小さな停車場なのでありました。
P2010383.jpg


☆この旅を最初から表示する場合はこちら → 第一回 県北、山あいの秘境駅をめざせ!!




---------------------------------------------------
(参考文献)

①Wikipedia
②みまさかスローライフ因美線の旅
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆姉妹ブログ → 「ポタ麿の神社仏閣、それから史跡」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Entry ⇒ 2014.02.15 | Category ⇒ ポタリングの記録Comments (2)Trackbacks (0)

(第二回)県北、山あいの秘境駅をめざせ!! ~岡山県津山市(加茂町)~

 今回は岡山県の北部にある津山市にやってきました。
そして春が訪れたかのような陽気の中、山あいにあるという秘境駅をめざします。

津山駅を出発して1時間くらい経ったでしょうか、今回最初の目的地「美作滝尾駅」にやってきました。
P2010304.jpg



 ここは「男はつらいよ 最終作 寅次郎紅の花」のロケ地ともなった駅です。
P2010308.jpg



 駅舎は、2008年に国の登録有形文化財になっており、とても雰囲気があります。
P2010310.jpg



 それでは、駅舎の中に入ってみましょう。すると、やっぱり中もレトロでいい感じ。
P2010319.jpg



 さすがは山田洋次監督がロケ地に選んだ駅だけあります。 
P2010318.jpg



 駅舎の壁には「男はつらいよ」のロケ風景の写真が飾られています。
P2010312.jpg



 また、駅員室内には寅さんの顔出しボードが立ててありました。
P2010320.jpg



 そうこうしているうちに津山方面から列車が入ってきました。一両編成の気動車です。
P2010311.jpg



 しかし、この駅では乗り降りする人はなく、静かに智頭方面へと走っていきました。

 かつては岡山と鳥取を結ぶ特急列車も走り、陰陽連絡の一役を担った因美線ですが、東を通る「智頭急行」が完成してからはその役目を終え、現在は津山と智頭をむすぶローカル路線として余生を過ごしています。
 しかし、かつての華々しさはないけれど、地味ながらもしっかり走るその姿は、地元住民の頼れる足そのものと言えるでしょう。
P2010317.jpg



 さて、この美作滝尾駅はとてもいい雰囲気なのですが、今回目指している「秘境駅」ではありません。その駅はもっと山あいにあるということなので、名残惜しいですが、そろそろここをあとにしましょう。

 駅を出るとしばらくは集落が続きます。
昭和3年に美作滝尾駅が開業した頃、このあたりは「滝尾村」といったそうです。今は津山市に併合されてその名はなくなったようですが、町中には昔ながらの素朴な風景や
P2010324.jpg



 美しい自然が数多く残っています。
P2010330.jpg



 集落を抜け、大きな道に出てきました。
ここまで来ると左手には川、それ以外は山といった自然に満ちあふれたポタリングになっています。
P2010332.jpg



 そして、目の前には「加茂町」の看板がみえてきました。今回めざす秘境駅もこの「加茂町」のなかにあります。
はたしてこの先にはなにが待っているでしょうか?

 この続きは次回で。
P2010333.jpg


☆この旅の続きはこちら → 第三回 県北、山あいの秘境駅をめざせ!!

☆この旅を最初から表示する場合はこちら → 第一回 県北、山あいの秘境駅をめざせ!!
---------------------------------------------------
(参考文献)

①Wikipedia


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに登録中です。よろしければポチっとお願いいたします。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

☆姉妹ブログ → 「ポタ麿の神社仏閣、それから史跡」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Entry ⇒ 2014.02.07 | Category ⇒ ポタリングの記録Comments (0)Trackbacks (0)

NEXT≫
ポタ麿ブログへようこそ
自転車

この物語は、急に思い立って自転車

を購入し今さらながらに今さらなが

らに今さらながらにようと心に決め

た、ままさに付け焼刃のなんちゃっ

てサイクリストが、日本全国を独自

のルートで行脚し、数々の感動と出
会いを経験することの事実を通じて

人間的成長を果たしていく過程を余

すところなくブログ化しようとする

ものである。

な~んてな!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ご協力いただけるとうれしいです!!

プロフィール

ポタ麿

Author:ポタ麿
性別:男
血液型:O型
星座:しし座
趣味:野球・自転車
生息地:岡山
(ブログ内容)
自転車による「ぶらり旅」の
レポートを中心としながらも、
日頃のとりとめのない事象に
ついてもつぶやいていきます。

ブログで旅行気分(旅ブログ集)
現在の時刻
アクセスカウンター
ランキング情報!!
お気に入りのブログです

このブログをリンクに追加する

最新記事
カテゴリ
未分類 (0)
はじめに (1)
旅の目次(ポタリング記事リンク集) (3)
ポタリングの記録 (101)
ツーキニストのつぶやき (2)
その他自転車 (3)
ホントの雑談 (21)
神秘!!岡山の山中で謎のストーンヘンジを見た。 (0)
最新コメント
天気予報
人気キーワード
月別アーカイブ
辞書
あし@
最新トラックバック
RSSリンクの表示
楽天トラベル
楽天市場
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
PVランキング
ブログランキング・ドット・ネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。